スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←1月19日 一度ついた怠け癖は治らないのかもしれない →電王感想ログ・一覧(前半)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


総もくじ  3kaku_s_L.png Journey through the Decade Re-mix
総もくじ  3kaku_s_L.png これから観に行く上で全く役に立たない映画レビュー
もくじ  3kaku_s_L.png 観た映画の感想
もくじ  3kaku_s_L.png 自作のアレな絵
もくじ  3kaku_s_L.png わかめ新聞雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【1月19日 一度ついた怠け癖は治らないのかもしれない】へ
  • 【電王感想ログ・一覧(前半)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

わかめ新聞雑記

1月 23日  2007年の終焉 電王最終回感想

 ←1月19日 一度ついた怠け癖は治らないのかもしれない →電王感想ログ・一覧(前半)
1200783717769.jpg


とうとう電王も終わってしまいましたねぇ。
2007年の番組の視聴は、何に於いてもまずこの電王からだったので、
ようやくと言うか、今更と言うか、2007年も終わったんだなー、としみじみ思います。
と、言うわけで、話の要所要所につっこみを入れた、
感想と呼べるのかどうか怪しいものをつれづれと書いていこうかと思います。
今回は、画像だらけで今までよりも著しく重いです。

それでもおkな方だけこちらから↓


※ニコニコ動画の部分だけ見たい方はこちらから

<電王感想>
1200180467701.jpg


…と、言うわけでとうとう最終回。泣けるうんぬんより、
どこまで綺麗に終われるのかに注目したいところ。
まぁ、細かい話は色々と列挙してから、ということで。

とりあえず、冒頭一発目でモモタロスが良太郎に「二人だけ」とか言っているところに「?」でした。
後の展開から察するに、怖くなってデンライナーでひきこもってたんでしょうね。

そして、契約。もーちょい後で言うのかと思いきや、開始直前に言っちゃいましたね。
「最後まで一緒に」ってのはまぁ、予想通りでしたが。
なんかまぁ、このままイマジン軍団に突撃して、ジャンプの打ち切りっぽい終わり、でも一応よくなってしまいそうな展開ですが…まぁ、そこは置いといて。

で、ユウト。とうとうカードを使い切ってしまった、と。
そこにデネブ参戦。病院に近づいたイマジンは全員倒したとのこと。
…あれ、ちょっと待ってくれ。それってめちゃくちゃすごくね?まぁ、それは置いといて、デネブからユウトにカードを手渡すことに。
これを使い切れば、桜井は完全に消滅し、ユウトが新しい時間の桜井になるとのこと。
…あぁ、そうか。未来の自分である桜井が消えようが、過去のユウトはあんまり関係ないしね。
自分が新しい未来の桜井になれば大丈夫なわけだし。
しかし、倒せないとはいえ、変身しないでイマジンを蹴散らすユウトは強すぎると思うんだ


Bパート。ビルの上からダイブして、変身している良太郎はいいとしても、
なんでカイの方までなんともないんでしょうかね。ラスボスだからか、特異点だからか。
そして、リュウタロスは怖がって今までデンライナーにいたとのこと。…やっとこさ冒頭の疑問が解けたけど、
モモさんのあの語弊のある言い方は問題だと思うんだ。

1200784572949.jpg

分岐点の鍵についての話がありましたが、やっぱり分かりにくいよなぁ。
それよりも、未だにハナさんをキーパーソンとして扱っていることに驚き。
これ、コハナだからよかったものの、ハナさんが降板しなかったら、一体どうなってたのだろうか。
(※画像はこの文章とはあまり関係がありません。面白かったから入れただけで)

>今思えば、侑斗がハナに姫だっこしたのは
>父娘だったんかい…


>「ゆーと、パパって呼んでいい?」
>ユウトじゃなくてお父さんだろ


そして、最終戦に向け、置いてきたウラタロスとキンタロスも2008年に!
…おい、ちょっと待て!前2回で俺達の流した涙を返せ!!
つぅか、キンタロスはよくても、ウラタロスはそろそろ消えるんじゃないか!?
…でもまぁ、あれだ。勝手にデンライナー動かして二人を拾ってきたナオミGJ。

1200784653694.jpg

最終決戦。全フォームに見せ場があるのはよかったけど、
電王組の戦闘が44話のそれと似通ってたのは正直どうかな、と思いました。
(あの全フォームを順番に出しながら戦うやつ)
逆に、ゼロノス組の変身からの流れは最高だった。
俺達はかーなーり、強いッ!」には不覚にも感動。
そして、今まで忘れられていたベガフォームの復活に感動。最後までそれっぽいことはしませんでしたけど。
ただ、「最後に言っておく、ユウトをよろしく」って…デネブ空気嫁。

1200784581632.jpg

さらに唐突に王子参戦!…キンタロスのいた時間から拾ってきたんでしょうね。
ハナさんを守るその姿はたしかに王子(ってか騎士)だった。
そして、最終回BGMにダブルアクションウィングフォームktkr!!
牙王のがあってジークのそれがないのには今まで違和感があったのですが、ここまでとっておくとはスタッフGJ。
しかし、その活躍も結構地味なんだよなぁ。もっと働けよ。
そして、この曲の公式発売はあるんでしょうか。出してくれよ。

1200784726034.jpg

そして、俺の必殺技ファイナルバージョン。皆でソードにエネルギーを込めるというものでしたが、
劇場版のそれと違う方法論でまとめたのがよかった。最後だから、こういう協力技の方が燃えるよね。しかし、これ、ライダーの技っていうか、戦隊ヒーローっぽい技ですよね。
あと、やられるデスイマジンの方にまったくすごさを感じられないのが悲しいですが。
(とはいえ、赤ゼロノスをボコる場面があった分、何が凄いのか分からない555のアークオルフェノクや、
強いけど、カッシスワームという総決算が先に出ていて下火な印象だったカブトのグリラスワームよりは存在感ありましたけど。)

しかし、デスイマジンがやられるだけで、未来確定ってどういうことなんでしょうね。
ってか、外傷のないカイまで消えるのはどういうことなのか。あれ、特異点なのに……。


1200784881690.jpg

しかし、そんなことなど忘れさせてしまうクライマックス。
イマジンが消滅してしまい、唐突な別れが…。
デネブの「悠斗へ 椎茸ちゃんと 食べて」には泣いた。

1200784932630.jpg

…しかし、そんな展開すらも笑いに変える恐るべき作品電王。
なんと、モモタロスたちはちゃんと存在していて、あとでドッキリをかまそうとしていたのだ!
…俺参上の看板が面白すぎる。

イマジンの未来は消滅したけど、良太郎の記憶の中に残っているから、
彼らはあのままでいられたんですね。作中の説明から察するに。

そして、パスを返してデンライナーに別れを告げる良太郎。
爽やかなラストだけど、微妙に消化不良かなぁ。
パスを返したのは、彼らがデンライナーの中に残れるための対価なんでしょうかね。

>イマジンは崩壊した別平行世界の未来の人
>キー特異点がカイだから、カイの記憶が完璧なら良太郎のアレみたいに
>平行崩壊の段階で人間として復活できた可能性はあった
>
>が、カイのあのとおりの性格と虫食い記憶のせいで
>不完全な復活しか出来なくてああいう形になった

>>デネブは「ユート」の事は忘れてない
>ユートがデネブを覚えているっていうのがデネブの「過去」になったってことだろ
>4タロスも同じ


>モモタロスらは消えなかった。オーナー(石丸謙二郎)は
>「彼らが共に過ごした時間と記憶が、彼らを存在させる」
>とモモタロスらが消えなかった理由を説明する。

↑※実況板での考察より。

総評。
泣いた、笑った、カッコよかった、と非常に楽しめた最終回でした。
結局、いくつかの設定は無視されたまま終わりましたが、終盤の泣かせ展開
その後のドッキリの二段構えには感動すら覚えました。
大好きだったカブトや555の最終回が思いっきり投げっぱなしでかーなーり消化不良だったのを考えると、
電王のそれはそこそこまともに終われたんじゃないでしょうかね。
最終回にもクライマックスフォームが見たかった…。

伏線とかのまとめ。
・新路線→ハナさんとかの未来と繋がった
・ハナさんの正体→姉さんと桜井の子ども
・コハナ化の説明→不明
(カードを使い果たし、未来の桜井が消滅したので、ユウトと姉さんの出会いが遅くなり、同時に生まれてくるのが遅くなったのではないか、とも言われてますが。)
・カイの正体→不明
・前回の謎の実体化→不明
・イマジンの消滅問題→良太郎の記憶を寄りどころにし、5タロスは全員生き残りました


…カイの正体はいいけど、せめて実体化についてぐらいは説明してくれって。

1200787577245.jpg
1200785373521.jpg


で、キバ。キバコスチュームの腹筋の割れ具合と、「過去と現在(の主人公)が交錯する」という設定が気になったので、とりあえず視聴してみようかなぁと。
下の写真、足の上がり具合がホントカッコイイですね。


<ニコニコ動画>

電王最終回、ということで、扱う動画も電王関連。
まあ、何日残ってるかどうか分かりませんがね。


やっぱお蔵入りなのかなぁ、と思いきや、三月に発売とな!?遅せぇよ!
しかし、嬉しいのも確かなわけで…。優雅なBGMが素適すぎる。


面白画像シリーズ。ここでの空気の扱いの悪さ良さは異常。


電王は総じて待機音の出来がよかった。ウイング、クライマックス、ゼロノスのが特に大好き。


カイはもうただのネタキャラと化してしまいましたね。


久々のらき☆すたとのMAD。キャラデザがかわいいなぁもう。


…と、言うわけで、一年という長い間続いた電王の話もとうとう終わり。
別れるのは寂しいけれど、電王の最終回みたいに、キチンと、爽やかに別れましょう。


最後に。
一年間、笑いと感動をありがとう!

スポンサーサイト
総もくじ  3kaku_s_L.png Journey through the Decade Re-mix
総もくじ  3kaku_s_L.png これから観に行く上で全く役に立たない映画レビュー
もくじ  3kaku_s_L.png 観た映画の感想
もくじ  3kaku_s_L.png 自作のアレな絵
もくじ  3kaku_s_L.png わかめ新聞雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【1月19日 一度ついた怠け癖は治らないのかもしれない】へ
  • 【電王感想ログ・一覧(前半)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【1月19日 一度ついた怠け癖は治らないのかもしれない】へ
  • 【電王感想ログ・一覧(前半)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。