スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←1月12日 当分の間ここの更新は不定期です →1月19日 一度ついた怠け癖は治らないのかもしれない
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


総もくじ  3kaku_s_L.png Journey through the Decade Re-mix
総もくじ  3kaku_s_L.png これから観に行く上で全く役に立たない映画レビュー
もくじ  3kaku_s_L.png 観た映画の感想
もくじ  3kaku_s_L.png 自作のアレな絵
もくじ  3kaku_s_L.png わかめ新聞雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【1月12日 当分の間ここの更新は不定期です】へ
  • 【1月19日 一度ついた怠け癖は治らないのかもしれない】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

わかめ新聞雑記

1月14日 劇場版ピューと吹く!ジャガーを観て来たよ

 ←1月12日 当分の間ここの更新は不定期です →1月19日 一度ついた怠け癖は治らないのかもしれない
とりあえず件名の通り。前回の雑記か何かで、
「キム公役のカルーセル真紀にはどう見ても無理がある」とか、
「実写版だもの。絶対酷い出来だよ」と色々言ってましたが、
その辺の話題も含めて、色々と語ろうかと思います。

※ 一応ネタバレありなので、見にいこうと考えている方にはオススメしません。

<感想>

というわけで、感想に入りたいと思います。

映画が始まるよりも前に、着いてすぐ、チケット売り場に行列が出来ていたこと、
しかも、その大半がジャガー目当ての客だってのに驚き。
こう言ってしまうと失礼かもしれませんが、
ジャガーだよ!?他のジャンプの連載漫画と違うよ?ジャガーよ?
と、いらぬ突っ込みが入ってしまいました。

あと、劇場の前には特設のグッズ販売コーナーが設置されてて、
パンフだのタオルだの、フィギュアだのが色々置かれていたわけですよ。
しかし、その中でもひときわ目を引いたの、結構前から発売されていたというフラッシュアニメ。
まるでやる気の感じられない絵に抵抗感を感じて、
また、「ゲーム&ドラマCD」のあまりの不出来に絶望してたので敬遠していたのですが、
視聴用に設置されていたものを見て驚き。
確かに絵は独特だし、止め絵ばかりだけれど、キチンと原作通りだし、
かつ、あの作品の「間」をちゃんと考えてやってるんだもの。
あれが同じゲームの声優だなんて思えないや!

…と言うわけで、思わず一巻だけ買ってしまいました。ジャガーファンなら買いです。


他にも、色々な展示品が。いくつか紹介をば。

200801131156000.jpg

▲POP。書き下ろしでしょうか。

2008011311560001.jpg

▲アレクサンダー流変わり身の術。無駄にリアル。

200801131421000.jpg

▲ジュライの皆さん。映画での壊れっぷりには笑った。

200801131156001.jpg

▲ハミィ。目が光ります。

…このほかに、映画で使われた珍笛の展示なんかもあったんですが、
写真を撮り忘れたので省略。


つーわけで、劇場内へ。定員200人ほどの小さなシアターでしたが、
席の空きがほとんどないくらい(多分150人ぐらいは入ってたんじゃなかろうか)
の客入りに驚き。
…それでいて、客層のほとんどが僕みたいな”アレな人たち”ばかりではなく、
普通の若者だったり、ふ…女性客ばかりだったところに、
”あー、ジャガーって、色んな客層に人気があるんだなー。”と感慨深く思ったものです。




で、肝心の内容でしたが、なかなかの面白さだったのではないでしょうかね。
あの作品独特の馬鹿っぷりが余す所なく出ていたし、
各キャラ共に、違和感はほとんど感じられませんでしたし。
特にピヨ彦の服装のダサさとしゃべり方はそれっぽいなーと納得できました。
所々に原作のチョイ役キャラが出てくるのも良い。あんまりでしゃばりすぎるとダメだったかもしれませんが。

今回はいつもと趣向を変えて、内容から突っ込むのではなく、登場したキャラについて突っ込みを入れたいと思います。

●ハマー
どれだけクズになるか非常に楽しみにしていたのですが、
映画内ではジャガーとピヨ彦にスポットが当たりまくるような話だったので、
彼のアイデンディティーでもある、ストーキングやアレクサンダー流忍術が観られず、
かつ、部類の女好きやキモイところがほとんど観られなくてがっかり。
まぁ、スポットが当たらなかったから、しょうがないっちゃあしょうがないですが。

●キム公
一番気になってたキャラだったのですが、
原作とのあまりの変わりように、もはやどうでもよくなってましたね、終盤。
だって、”だ行がら行になる”独特の口調もなければ、ドラムを使うこともなかったわけだし。
(まぁ映画はそふとくり~むとの関連性がなかったんですが)
あまりの関係なさに”何故キム公とつける?”と思ったほど。
ただ、ラスボスのくせに、店の客に殴られて終わり、はどうかと思うんだ。

●影千代先輩
予想のナナメ上をいく扱われ方&カッコよさに感動。
なんでここまで影千代先輩をプッシュするのか意味が分かりません(褒め言葉)。
原作では明らかにされなかった忍者としての技量の辺りの説明とか、
嫁をいたぶられたことに怒り、怪しげな装甲車に乗って復讐に行く所とか、カッコよすぎ。
…まぁ、ここまで影千代先輩をプッシュするのは僕ぐらいでしょうから、
他の人はどう思うかよく分かりませんが。

 実写映画、ということを考慮すれば、大分笑える映画だったんじゃないかな、と思います。
ただ、原作を知らない人には若干説明不足な部分があったりしますけどね。



しかし、ラストシーンで楽しそうに笛を吹くピヨ彦にはどうも納得がいかないのですが。まぁ、いいか。
スポンサーサイト
総もくじ  3kaku_s_L.png Journey through the Decade Re-mix
総もくじ  3kaku_s_L.png これから観に行く上で全く役に立たない映画レビュー
もくじ  3kaku_s_L.png 観た映画の感想
もくじ  3kaku_s_L.png 自作のアレな絵
もくじ  3kaku_s_L.png わかめ新聞雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【1月12日 当分の間ここの更新は不定期です】へ
  • 【1月19日 一度ついた怠け癖は治らないのかもしれない】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【1月12日 当分の間ここの更新は不定期です】へ
  • 【1月19日 一度ついた怠け癖は治らないのかもしれない】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。