スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←これから観に行く上で全く役に立たない映画レビュー 平成二十六年十二月号 →Journey through the Decade Re-mix 第八話 「超モモタロス、参上! 鬼ヶ島の戦艦」 三両目
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


総もくじ  3kaku_s_L.png Journey through the Decade Re-mix
総もくじ  3kaku_s_L.png これから観に行く上で全く役に立たない映画レビュー
もくじ  3kaku_s_L.png 観た映画の感想
もくじ  3kaku_s_L.png 自作のアレな絵
もくじ  3kaku_s_L.png わかめ新聞雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【これから観に行く上で全く役に立たない映画レビュー 平成二十六年十二月号】へ
  • 【Journey through the Decade Re-mix 第八話 「超モモタロス、参上! 鬼ヶ島の戦艦」 三両目】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「これから観に行く上で全く役に立たない映画レビュー」
映画レビュー 平成26年

これから觀に行く上で(略)2014年度ベストテン

 ←これから観に行く上で全く役に立たない映画レビュー 平成二十六年十二月号 →Journey through the Decade Re-mix 第八話 「超モモタロス、参上! 鬼ヶ島の戦艦」 三両目
 はてさて、今年もようやくこの時期がやって参りました。前年度もなかなかの粒ぞろいでしたが、2014年度は自分の琴線に触れる映画がほぼ毎月出てきて映画館に足を運ぶのが楽しみでしたとも。

 ……まあ、今年っつーか、去年なんですけどね。

 前年度鑑賞映画列挙から入りますので、ランキングだけをご覧になりたい方はこちらからどうぞ。


 前回分までは作品への関連リンクを貼っていたのですが、今回はリバイバル鑑賞作品も多いので映画タイトルのみの省エネ設定で(映画レビュー掲載時にURLも表記していたものは除く)。
 観た作品、ランクに入っていてもこちらで紹介したことが無いものに関しては、別個でURLを貼ろうかなと。

 基本的に、ランクインさせるのは2014年度に日本で封切された映画のみとなります。


一月分
・「魔法少女まどか☆マギカ 叛逆の物語」
・「47RONIN
・「大脱出」
・「エンダーのゲーム」
・「獣電戦隊キョウリュウジャーVS特命戦隊ゴーバスターズ
・「パシフィック・リム 爆音絶叫上映会」
・「麦子さんと

二月分
・「マイティ・ソー ダークワールド
・「オンリー・ゴッド
・「劇場版Tiger&Bunny TheRising」
・「RUSH/プライドと友情
・「テコンドー魂」
・「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」

三月分
・「実写・魔女の宅急便」
・「サイコ(1960年の映画・午前十時の映画祭枠)」
・「ロボコップ(2014年の映画)」
・「プリキュアオールスターズNewStege3 えいえんのともだち(同月二回鑑賞)」

◎ゴジラ映画総進撃上映作品
「ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」
「怪獣総進撃」
「三大怪獣地球最大の決戦」
「ゴジラ対メガロ」
「ゴジラ対ヘドラ」

・「アナと雪の女王
・「LIFE!
・「仮面ライダー大戦」
・「LEGO(R)ムービー

四月分
◎ゴジラ映画総進撃上映作品
「ゴジラ2000ミレニアム」
「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」
「ゴジラxメカゴジラ」
「ゴジラxモスラxメカゴジラ 東京SOS」
「ゴジラ FINALWARS」

・「猿の惑星(シネパス上映作品)」
・「未来世紀ブラジル(同上)」

・「アナと雪の女王」(二回目)
・「仮面ライダー大戦」(二回目)
・「Tiger&Bunny TheRising」(二回目)
・「アメイジング・スパイダーマン2(同月二回鑑賞)」
・「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー(同月二回鑑賞)」
・「THE NEXT GENERATIONパトレイバー 第一章
・「劇場版天元突破グレンラガン オールナイト」

五月分
・「プリズナーズ」
・「ルパン三世 カリオストロの城・デジタルリマスター版」
・「とらわれて夏」
・「キカイダー REBOOT」
・「ミスターGO」

六月分
・「ゴジラ 六十周年デジタルリマスター版」(同月二回鑑賞)
・「クレヨンしんちゃん ガチンコ! 逆襲のロボとーちゃん」
・「太陽がいっぱい(午前十時の映画祭枠)」
・「アナと雪の女王(三回目)」

七月分
・「巴里のアメリカ人(シネパス上映作品)」
・「ブルース・ブラザーズ(同上)」
・「ゴジラ 六十周年デジタルリマスター版」(三回目)

・「オール・ユー・ニード・イズ・キル
・「グランド・ブタペスト・ホテル
・「her 世界に一つの彼女
・「劇場版仮面ライダー鎧武/烈車戦隊トッキュウジャー
・「GODZILLA(2014年の映画)」(同月二回鑑賞)

八月分
「仁義なき戦い(午前十時の映画祭枠)」
「フィールド・オブ・ドリームス(シネパス上映作品)」

・「るろうに剣心 京都大火編
・「思い出のマーニー
・「STAND BY ME ドラえもん
・「トランスフォーマー/ロストエイジ
・「GODZILLA(2014年の映画)(三回目)」
・「イン・トゥ・ザ・ストーム
・「ルパン三世(2014年の映画)

九月分
「ゴースト・ニューヨークの幻(午前十時の映画祭枠)」
「ニュー・シネマ・パラダイス(シネパス上映作品)」

・「るろうに剣心 伝説の最期編
・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・「テロ・ライブ
・「イン・ザ・ヒーロー
・「イン・トゥ・ザ・ストーム(二回目・D-BOX&ドルピーアトモス上映)」

十月分
・「パンズ・ラビリンス(シネパス上映作品)」

・「劇場版ハピネスチャージプリキュア!」
・「GODZILLA(2014年の映画 四回目・IMAXリバイバル)」
・「パシフィック・リム(IMAXリバイバル)」
・「ドラゴンへの道(TOHOシネマズリバイバル)」
・「ヘラクレス」
・「イコライザー」
・「ゴースト・バスターズ(イオンシネマリバイバル)」

十一月分
・「七年目の浮気(シネパス上映作品)」
・「ブラック・レイン(午前十時の映画祭枠)」

・「エクスペンダブルズ3」
・「サボタージュ」
・「インターステラー」
・「寄生獣(前編)」
・「フューリー」
・「パトレイバーNEXT GENERATION第六章」

十二月
・「フレンチ・コネクション(シネパス上映作品)」

・「仮面ライダーx仮面ライダー 鎧武&ドライブ MOVIE大戦フルスロットル(同月二回鑑賞)」
・「ゴーン・ガール」
・「楽園追放」
・「ベイマックス(同月二回鑑賞)」



 しめて、103回(ダブりを含む)。きっちり100回鑑賞だと言ったな。あれは嘘だ。後で計算してまさかこうなっているとは思わなかったんですよ……。
 きっちり計算するのが恐いのでざっくりとしか出していないのですが、推定18万近く映画で金を落としたことに言いようのない衝撃を受けています。





 と言う訳で、10位からどんどん列挙していこうかなと。
 Twitterの方で先んじてやらせていただいたのですが、こちらではもっと、一般受けとか勧めやすさとかを重点して選んでゆく予定です。



◎十位:「インターステラー」


 恐らく2014年度屈指のド派手でスケールのデカい映画。
 ノーラン監督の撮る映画が好きなのもあって、もっと推して行きたいところなのですが、上映時間と宇宙旅行SF特有の難解さが後を引くのではないかなーと思ってこの位置に。
 小難しいことは脇に於いて、その映像美とキャラの思考の移り変わりを追ってゆくと楽しく観られます。






◎九位:「イコライザー」


 個人的な趣味を外すとどうしてもこの位置に。個人的にはベスト3に入る程ハマった映画。
 デンゼルおじさんの無慈悲で鮮やかな殺しっぷりがたまりません。






◎八位:「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」


 日本国でのウケの悪さも考慮してこの位置に。
 良い筋肉映画で、キャップのヒーローとしての立ち位置を問う脚本も素晴らしい出来でした。





◎七位:「グランド・ブダペスト・ホテル」


 ゴールデングローブ賞を受賞したのもあって。まあ、純粋に面白いのですが。
 ドラマあり、アクションあり、感動あり、しんみりありと色んな意味で隙が無い。





◎六位:「GODZILLA(2014年の映画)」


 あれだけ皆さんに観ろ観ろ言っておいてこんなとこかよ! というセルフ突っ込み。
 個人的にはお腹一杯の良作だったのですが、平成作品的というか、怪獣ドンパチドタバタアクションを期待されている方は拒否反応を起こすだろうなあと。
 この設定で、モスラやラドンやキングギドラを如何に捌くのか興味が尽きません。





◎五位:「ゴーン・ガール」


 実は、年末の個人的ベストテン記載の際、本作の存在をすっぱっと失念しておりました。
 好き嫌い分かれるかもですが、サスペンスとしても恋愛ドラマとしても飽きず、手に汗握って観られること請け合い。
 出来る限り予備知識は少な目にして観に行くと良いでしょう。





◎四位:「アメイジング・スパイダーマン2」


 二作目ですが、スパイダーマンだし、派手だし、本作単体でも十分楽しめますし、ということで。大分思い入れ入ってるので若干公平性には欠けますが。
 前作で物足りないなーと思ったことを全部ぶち込んで仕上げてくれてるってだけでもう大満足ですよ。ありがとうマーク・ウェブ監督。
 デハーンさんの演技に萌えろ、いや燃えろ。





◎三位:「イン・トゥ・ザ・ストーム」


 レジェゴジさんよりも実被害の出ているスーパー竜巻映画。
 群像劇めいた話筋、登場人物の追体験という形で描かれる竜巻の脅威、自然の猛威に無力な人々、それでも抗う者たちのドラマと盛り沢山で今年指折りの個人的ヒット映画でございましたとも。
 もう無理ではありますが、出来ることなら大画面でがっつり観てほしい。





◎二位:「テロ・ライブ

 某セウォル号事件を彷彿とさせる話筋の作品。個々人が自分のことばかり考えて進むとこうなるんだよ、と言うことがイヤってほど分かる恐ろしい映画でございました。
 90分という尺に内容をぎっちぎちに詰め込み、それでいてダレを感じさせないやり口は見事としか言う他ありません。無理して劇場で観る必要は薄いですし、レンタルDVDが出たら是非一度ご覧になってくれればなと。





◎一位:「ベイマックス」

 若干のひいき目はありますが、本年度はこいつが一番。アナ雪の時も思いましたが、気合の入ったディズニー映画はやっぱり凄い。
 敢えてもう一度言います。ディズニーはすごい。ずるい。



 とまあ、こんな感じなのかなあ。
 一月の映画レビューですが、今月はレビューを書けるほど新作を観られてないので、折角だから7~12月に観た分で書いてないものをざっくり書こうかなあと。
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png Journey through the Decade Re-mix
総もくじ 3kaku_s_L.png これから観に行く上で全く役に立たない映画レビュー
総もくじ  3kaku_s_L.png Journey through the Decade Re-mix
総もくじ  3kaku_s_L.png これから観に行く上で全く役に立たない映画レビュー
もくじ  3kaku_s_L.png 観た映画の感想
もくじ  3kaku_s_L.png 自作のアレな絵
もくじ  3kaku_s_L.png わかめ新聞雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【これから観に行く上で全く役に立たない映画レビュー 平成二十六年十二月号】へ
  • 【Journey through the Decade Re-mix 第八話 「超モモタロス、参上! 鬼ヶ島の戦艦」 三両目】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【これから観に行く上で全く役に立たない映画レビュー 平成二十六年十二月号】へ
  • 【Journey through the Decade Re-mix 第八話 「超モモタロス、参上! 鬼ヶ島の戦艦」 三両目】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。