スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←『ハートキャッチプリキュア! 花の都でファッションショー!……ですか?』感想 →「仮面ライダーWForever AtoZ/運命のガイアメモリ」 感想
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


総もくじ  3kaku_s_L.png Journey through the Decade Re-mix
総もくじ  3kaku_s_L.png これから観に行く上で全く役に立たない映画レビュー
もくじ  3kaku_s_L.png 観た映画の感想
もくじ  3kaku_s_L.png 自作のアレな絵
もくじ  3kaku_s_L.png わかめ新聞雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【『ハートキャッチプリキュア! 花の都でファッションショー!……ですか?』感想】へ
  • 【「仮面ライダーWForever AtoZ/運命のガイアメモリ」 感想】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

観た映画の感想

「牙狼〈GARO〉 ~RED REQUIEM~」の雑感

 ←『ハートキャッチプリキュア! 花の都でファッションショー!……ですか?』感想 →「仮面ライダーWForever AtoZ/運命のガイアメモリ」 感想
あれからだいぶ経ちましたが未だに感想を書いていなかったので。
11/7のオフの記事と合わせて御覧下さい。
基本的にはその日の深夜にツイッターでつぶやいたことの加筆修正品です。


あと、最近『極魂 牙狼』買いました。
Figmaけいおんとの首のすげ代えに使えて、本来の用途以外で大活躍しております。




<あらすじ>

――光あるところに闇ありき。古より人々は闇を恐れた。
だが、闇を切り裂く黄金の騎士の剣により、人々は希望を得たのだ――


魔界に棲み、森羅万象あらゆるものに存在する<陰我>より出でし、人を喰らう魔獣<ホラー>。
そのホラーから人々を護るために戦う魔界騎士。
主人公冴島鋼牙(さえじまこうが)はその中でも最高位とされる、
<牙狼>の称号を持ち、黄金の鎧を身に纏い戦う戦士。

ある日、彼の元に最凶の魔獣使徒ホラ-7体が復活との知らせが届き、
鋼牙は討伐のためにとある港町を訪れる。
そこで出会った魔戒法師の女性”烈花”、仲間のアカザとシグトと共に、
7大ホラーの中でも最も強大な『魔鏡ホラー』の討伐に向かうが――――



と、いうわけで感想。
雨宮慶太監督がパンフレットで語っていましたが、
一見様お断りにしたくなかったので、テレビ版を見なくても大丈夫なように作った
とのコメントがありましたが、ちゃんとその通りに作られていて安心しました。

一緒に観に行ったぼっくそすさんの影響でこの時8話ぐらいまで視聴してはいましたが、
この作品は設定背景や用語の数が多く深いので、それを念頭に作られたら、
どうあっても絶対楽しめないでしょうし、
正直「つまらなかったらどうしよう」と観る前はすごく不安だったりしましたし。

この映画でも設定うんぬんはちょこちょこ出てきますが、
必要最低限の説明は本編中に絵的セリフ的に説明されますし、
知らなくても概ねノリとその場の勢いで見られるようになっているしとなかなか丁寧。


まず最初に観て思ったのは、
仮面ライダーはライダーのアクションを楽しむ特撮 牙狼は生身アクションを楽しむ特撮』、
そして『雨宮監督は<牙狼>というヒーローを得て仮面ライダーをやりたかったんだろうな』、
ということ。

まず、アクションの話。
平成ライダーではとんと少なくなりましたが、初代だったりV3だったり、
初期の仮面ライダーたちは変身後のみならず、”変身する前でも”怪人や戦闘員に果敢に立ち向かい、
”改造人間”であるその強さを子どもたちに存分にアピールしていたんですよね。
平成作品では俳優の技量不足と怪我をさせられない事情であまりド派手にはやりませんが。

『少年ライダー隊No2』の称号を持つほどの初代ライダーフリークの雨宮慶太監督。
牙狼というヒーローを手にして、そんな昨今のうっ憤を晴らすかのように、
主人公の鋼牙もヒロインの烈花も、敵役のひとたちも、
とにかくもう、生身のままごりごり動くのなんの。

牙狼の鎧は99.9秒しか纏うことが出来ないという時間制限もあってか、
戦闘が開始してもすぐには使わず、ひたすら徒手空拳と巧みな剣さばきでホラーと戦う鋼牙さん。
武器といえば法力らしきものを発する筆ぐらいしかないためか、
(中の人が新体操で全国大会出場経験あり)華麗な足技で戦う烈花さん。
アクション監督の横山さんの魅せ方もあって、
『早く変身しろよ!』と思わせないほど、殺陣が魅力的に見えるのは大きい。
あまりの面白さに、『これは本編全部見ないとだめだな』と思ったぐらい。

それと、フルCGのホラーがいちいち重量感ありまくりで眼福眼福。
元々テレビ版のCGホラーもかなりの迫力ではありましたが、
映画ともなるとそこに割かれる予算もさらに割増しになるらしく、
『ホントにそこにいるんじゃないか』ってぐらい自然に背景に調和しているんですよ。
生身でドンパチやっていることにリアリティが加わって俺に良し。


それと、仮面ライダーうんぬんの話。上でもかなり語りましたが、
随所ににじみ出る初代ライダーのオマージュらしきものが面白くて面白くて。

生身アクションの話もそうですが、
主人公、ヒロイン、やや頼りなさそうな青年、おやっさん』の四人で敵のアジトに乗り込む!
アジトの中で多数の戦闘員と戦い、その果てにホラーの死闘!
怪人を下し、アジトの最深部で親玉との直接対決!

これ、完全に初代仮面ライダーの王道展開ですよね。
清々しいぐらいのライダーオマージュに観ていてニヤニヤが止まりませんでした。
雨宮監督主導のTV版仮面ライダーが観てみたいなぁ。


まぁ、いろいろ目ざとく書きましたがね、結局のところは。





おっぱいおっぱいおっぱいおっぱいおっぱいおっぱい
ふとももふとももふとももふとももふとももふとももふともも 



に、尽きるんじゃないかなぁと。冒頭で殺された眼鏡ッ子が一番好みだけどさ。
スポンサーサイト
総もくじ  3kaku_s_L.png Journey through the Decade Re-mix
総もくじ  3kaku_s_L.png これから観に行く上で全く役に立たない映画レビュー
もくじ  3kaku_s_L.png 観た映画の感想
もくじ  3kaku_s_L.png 自作のアレな絵
もくじ  3kaku_s_L.png わかめ新聞雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【『ハートキャッチプリキュア! 花の都でファッションショー!……ですか?』感想】へ
  • 【「仮面ライダーWForever AtoZ/運命のガイアメモリ」 感想】へ

~ Comment ~

No title 

最後のクライマックスで出た謎ガロは竜陣ガロっていうらしいですねぇ
竜的な要素は一体何処に
P.S.
ツイッター始めました!
名前はNEWではなくAccelHornetです
http://twitter.com/AccelHornet
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【『ハートキャッチプリキュア! 花の都でファッションショー!……ですか?』感想】へ
  • 【「仮面ライダーWForever AtoZ/運命のガイアメモリ」 感想】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。