スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←4月 16日 現在薬を服用して胃炎を治療している最中です →4月 30日 さてメダロットDSの発売日まで一月を切ったわけだが
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


総もくじ  3kaku_s_L.png Journey through the Decade Re-mix
総もくじ  3kaku_s_L.png これから観に行く上で全く役に立たない映画レビュー
もくじ  3kaku_s_L.png 観た映画の感想
もくじ  3kaku_s_L.png 自作のアレな絵
もくじ  3kaku_s_L.png わかめ新聞雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【4月 16日 現在薬を服用して胃炎を治療している最中です】へ
  • 【4月 30日 さてメダロットDSの発売日まで一月を切ったわけだが】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

わかめ新聞雑記

4月 27日 胃の方は良くなったけれども

 ←4月 16日 現在薬を服用して胃炎を治療している最中です →4月 30日 さてメダロットDSの発売日まで一月を切ったわけだが


あれからもう一年かぁ…と2秒間に三回ぐらい呟いてしまうほどの出来。
あの頃はディケイドも今でも人気の高い”アギト編”を終え、
その上に『オールライダー対大ショッカー』の存在が明るみに出ていて、
(企画自体には賛否両論あれど)超電王の公開も直前に迫ってたし、
けいおん!』が一大ムーヴメントを作りだしかけてて、
何から何まで盛り上がりに盛り上がってた時期でしたねぇ。
あと今のバイトを始める少し前だったし

まさかそこからだんだんと盛り下がってくるとは夢にも思いませんでしたが。



それと、NEWさん経由で知った情報。

>今月11日、
>東映の「劇場版 仮面ライダーW」(8月7日公開予定)の新作が撮影に入った。
>同社が本格的に3Dで製作する最初の長編映画だ。

情報そーす:アニメニュース Japanimate.com

マジか。マジなのかこれ。
ほんっと、新しいものや注目すべきものにゃなんでも手を出すよなぁ東映。
次は『コミックス0巻』か『フィルムブックマーク』ですね、わかります。

…シンケンジャーの劇場版みたいに、
未知の撮影方法ゆえ、きつくて上映時間を減らされる事態だけはいやよ。


いやね、以前からどこぞのバレ情報で知ってはいたんですよ(棒読)。
でもね、これが本当だとしたら、「TheFrist」風にリファインされた、
昭和七大ライダーVSデルザー軍団の戦いが併作になるって話も本当なのか?





閑話休題。

また色々と感想を書こうかと思うのですが、
こちらの都合で『けいおん!!』の感想と、
その他春季アニメに関する雑感をば。



たいとる
<けいおん!!感想>


調子に乗るなよ
●十行で分かる第三話:「ドラマー!」あらすじ
※改行その他は含みません


かぁいいよぉ
律「みんなばっかり目立ってずるいー!
あたしなんかステージの奥で目立たないんだぞ!別の楽器やるー」

あら、意外とイケる
唯「よっし、じゃあギターやってみなよー」
律「ギターは色々やることあって無理かも。ほかのー」


律「よぉし、じゃあ次はキーボード!…あぁ、でも。飽きた」
紬「りっちゃんのおかげで新しい曲のイメージが涌いてきたわぁ」


律「最近、ドラム叩いてないなぁ。自分で言い出したこととはいえ。

きちんと1期の服装踏襲してるのねドラム替わりにタイヤをどんどこやるりっちゃんさんかぁいいよぉおめでと
最初はスティックしか買えなかったけど、それから中古のセット買って。

自己完結
マメになるまで練習して…。やっぱ、あたしドラムでいい!ドラムがいい!」

中身なんてないくせに、いざ10行でまとめようとすると、
なかなかまとまりがつかないのはなぜだろう。


本題。

きたよ。きましたよ。

見てくださいよこの泣き顔護ってあげたい、なんとかしてあげたくなるよね
日本語でおkもうりっちゃんさんがけいおんの主役でいいよねぶー
きちんと1期の服装踏襲してるのねドラム替わりにタイヤをどんどこやるりっちゃんさんかぁいいよぉおめでと
むすーっIXYさんお気に入りの髪しばりっちゃんさんこのあたりの作画と動きが最高すぎる

俺のりっちゃんさん回ですよ!
いやぁもう、かわいいなぁ。

2クールやるという情報を裏付けるかのように、
まだ三話目なのにオリジナル回となった今回ですが、

軽音楽の仕様上、どうしても脇役になってスポットのあたりにくい、
”ドラマー”に関する話をするってだけでなんかわくわくするよね。

一期の際、一部で非難の声の上がった「吉田脚本」でしたが、
仲たがいするような話でなきゃ特に問題なく見れますね。
唯のキャラがややうっとおしいことを除けば。


”脚本家”、で思い出したのですが、

とんちゃんはこの先どうなるんだか
ペットの”とんちゃん”に、

この場合反射されて唯がまぶしくなるよね
りっちゃんさんが前回被ってたメットとか、
きちんと前回の話で出てきたものが踏襲されているところにちょっとびっくり。

来週3年組が修学旅行の回だから、その後の尺埋めのために、
「あずにゃんがひとりでとんちゃんの世話をする回」の複線に違いないね!

おのれ…色気づきやがってよぅちくしょうきらきら
あと、めすぶた先生さわちゃんが前回手に入れた\490,000(推定)を使って
エステに行きやがったのにはさすがに噴いた。

まぁ、最終的にやりすぎて、


りっちゃん…もう澪ちゃんとは別れなさい意地でも翔太郎さんを認めようとしないフィリップの母親(仮)
完全に一致しちゃったけどさぁ。


京アニ制作作品なのでBDを買っても湯気は消えません
っていうか、俺たちが観たいサービスシーンはてめぇのじゃねぇよ!


しっかしさぁ、


りっちゃんさんいじめひでぇよおめぇら

<春季アニメその他雑感>

時間の都合その他で本当に雑感だけ。


・Angel Beats!

<あらすじ>

記憶を失い、見知らぬ学校の校庭で目覚めた青年・『音無』。

目の前にいた少女『ゆり』から、
ここは”転生”するまでの間、あらかじめ用意された
エキストラの生徒たちと共に生活を送る『死後の世界』であること、

また彼女が、”理不尽に死んだのにこのまま転生なんて納得できない”と、
”神の代理人(仮)”である『天使』と戦う『死んだ世界戦線 S S S 』のリーダーであることを知り、
半ば強引にSSSに入団することとなってしまう。

模範的な生活を送ると”消滅”し転生してしまうため、
生徒会長として学校に君臨する天使に様々なゲリラ活動的嫌がらせを仕掛けるSSS。
果たして、両者の戦いはどちらに軍配が上がるのか―――


ギャルゲー・『CLANNAD』とか『リトルバスターズ!』とかを書いた
あの麻枝准氏のアニメ業界進出作と聞き、
放送開始前から嫌が応に期待が高まっていたのですが、

スポンサー・アニプレックスの不気味なほどの宣伝活動に一抹の不安を覚え、
いや、でも。あの麻枝氏が脚本の一切を取り仕切るんだから」と己を鼓舞し、
いざ蓋を開け(視聴し)ての第一声はというと、


『ギャルゲーの世界に帰れ』


のひとことしかありませんでした。




いや、あれよね。
ギャルゲー界で絶対的な羨望と人気と称賛を与えられているとはいえ、
得意のバンドシーンが某名ばかりの軽音部アニメよりも優れているとはいえ、

だからって「神作品が作れるわけじゃない」ってことがよぉく分かりました。
舞台は死後の世界で、天使ちゃん(仮)とかいるけどそういう神じゃないし



なんていうかね、
ノベルゲームの文法と作劇をそのまんまアニメに取り入れてる感が強いのと、
パロディ含むギャグがことごとく寒いのが本当に辛い。

麻枝氏おとくいの
関係のない2つの事項を組み合わせてギャップを生む」ネタもないし、
どこまでもギャグが面白くない。

それに、『順を追ってきちんとキャラを立てて』からやるべき
個々のキャラの辛い過去や消滅シーンなんかが、
全13話しかない関係上、
たった三話目で何の思い入れもないキャラが消滅してしまったりね。
「死なせなきゃ泣けない」とかそういう以前に、
感情移入できないうえに唐突」で感動もないし涙も出ないという酷さ。


現在四話まで視聴し、いい加減この作品形態にも慣れてきて、
今じゃあんまり文句も出なくなりましたが、
一向に面白くなる気配がないのはどうなんだろうね。
そろそろ心が折れそうなんですけど…。

でも。でもね。
私は天使じゃないわ。生徒会長まるで悪役ね…
OPでピアノを弾く天使ちゃんマジ最高※コラです
(いつも台詞が原稿用紙1行分を超えない)天使ちゃんかわいいよ天使ちゃん

日本語がしゃべれるはずなのにいつも英語しか発しない謎の男
TKうざかっこいいよTK。

どこぞの人気投票でこの二人が二強すぎて噴く。


大魔神カノン

<あらすじ>

なんかもうめんどくさい(というか3、4話しか見てないし)のでうぃきぺさんにて。


いつもの高寺スタッフが集結し、
深夜特撮としては異例の『10億円』という膨大な予算を用いての大作。

が、蓋を開けてみれば、
待てども待てども”ブジンサマ(大魔神)”は登場せず、

時間のほとんどは”田舎から上京し、心に傷を負った少女のお話”と、
都会の冷たい人々の様相の話”に割かれ、
その膨大な予算は”フルCG”の怪人たちに使われるというありさま。
(2話あたりで回想だかに出たという話も聞きましたが)

なんかこう、
高寺作品に”特撮作品的なカタルシス”を求めちゃイカンのでしょうか。

本筋の作劇にしても、
心に傷を負い、田舎から上京してきた主人公・巫崎カノンの
”過去話”ばかりが描かれてて、作品世界に広がりがなさ過ぎるのもあり、
そのせいで見ていて”微妙”という感情しか浮かんでこないんですよね。

それまでのライダーファンが初めて「響鬼」を見たときも
こんな感じだったのでしょうか。


これ…、本当に面白くなるのか………?



・カメンライダー ドラゴンナイト

<あらすじ>

ある日突然失踪した父親を捜すため奔走する青年”キット・テイラー”。
偶然ドラゴンナイト(龍騎)に変身できるカードデッキを拾ったキットは、
謎の男”レン"との出会いもあり、
異次元からの侵略者”ゼイビアックス”との戦いを決意する。

ゼイビアックス配下の仮面ライダーたちも続々登場する中、
キットとレンはゼイビアックスの野望を阻止できるのか?
キットは行方不明の父親を探し出せるのか―――




「仮面ライダー龍騎」のバトルシーンだけを流用し、
”あれは日本じゃなくてパラレルワールドだよ”とか言ったり、
”ライダー同士が戦うんじゃなくて、侵略者をぶちのめすんよ”
という設定を組み込んだ海外ドラマ。

ぶっちゃけ、”過去平成ライダーに出演した役者が声を当てる”ことがなきゃ、
きっと知ることも、自ら見ようともしなかっただろうなぁ。


なんというかさ、シナリオ部分はどうでもいいんだけどさ、
龍騎のバトルシーンが再びテレビで観られるのがなんだか感慨深い。
それでなくとも、(アクターは高岩さんじゃないけど)新撮の特撮もあるし。
本放送時は王蛇が出た時期前後ぐらいから見なくなっちゃったしなぁ。

本編で「殺すために龍騎と対峙するナイト」のシーンを、
「特訓のために龍騎と戦う」という風に改変する展開はなかなかいい感じ。


あと、


かにさんは別の世界でもかにさんで笑った。



それと、


エンディングのキャストインタビューがみんな
Cv.杉田智和なのは何なんだよ。
女性キャラまで杉田で吹き替えるとか何考えてんだ。

スポンサーサイト
総もくじ  3kaku_s_L.png Journey through the Decade Re-mix
総もくじ  3kaku_s_L.png これから観に行く上で全く役に立たない映画レビュー
もくじ  3kaku_s_L.png 観た映画の感想
もくじ  3kaku_s_L.png 自作のアレな絵
もくじ  3kaku_s_L.png わかめ新聞雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【4月 16日 現在薬を服用して胃炎を治療している最中です】へ
  • 【4月 30日 さてメダロットDSの発売日まで一月を切ったわけだが】へ

~ Comment ~

 

エクストリームの登場もありましたがそれよりアクセルがサイクロンメモリを使った時の強さに噴いた。

No title 

一応言っておきますが、NEWです。
Newではありません。NEWです。(大事な事なのでry)
>昭和七大ライダーVSデルザー軍団の戦いが併作になるって話も本当なのか?
やはりイマジンカイザーさんも思われましたか。NEWも一瞬「マジで?」と
思いましたが、同時上映は恐らくゴセイジャーなのでそれはないかと。
まぁ話題性は抜群だと思いますが(笑)

すいません… 

>それと、NEWさん経由で知った情報。
わざわざ修正して下さったんですね・・・ありがとうございます。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【4月 16日 現在薬を服用して胃炎を治療している最中です】へ
  • 【4月 30日 さてメダロットDSの発売日まで一月を切ったわけだが】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。