スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←12月 11日 最初っから散々たるあり様になると思えば期待も悲観もないから不思議ね →Web拍手その他返し
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


総もくじ  3kaku_s_L.png Journey through the Decade Re-mix
総もくじ  3kaku_s_L.png これから観に行く上で全く役に立たない映画レビュー
もくじ  3kaku_s_L.png 観た映画の感想
もくじ  3kaku_s_L.png 自作のアレな絵
もくじ  3kaku_s_L.png わかめ新聞雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【12月 11日 最初っから散々たるあり様になると思えば期待も悲観もないから不思議ね】へ
  • 【Web拍手その他返し】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

仮面ライダーディケイド感想

さようなら海東、ユウスケ、夏ミカン士鳴滝(ディケイド感想 movie大戦2010)

 ←12月 11日 最初っから散々たるあり様になると思えば期待も悲観もないから不思議ね →Web拍手その他返し
”何ガキみたいなことしてんの”とか言ったやつ表出ろぶっとばすぞ

仮面ライダー×仮面ライダー ディケイド&W MOVIE大戦2010
封切一回目を見てきました。


この下の記事のようないざこざに振り回されて落胆したひと。
この大一番にその舵取り役である脚本が米村で怒りを覚えたひと。
あの最終回のせいで「ディケイド?いまさら…」とつっぱっているひと。
いろいろな方がいらっしゃるかと思います。



ご安心ください。




おもしろかったです。




ですので、その感想を
ネタバレネタバレ満載で書かせていただきたいと思います。



あぁ、今年も終わりだぁなぁ。……満足感をもって来年を迎えられそうな気がするよ。

※馬鹿みたいに長いので時間に余裕のない方はスルー推奨。
長くておっくうでしたらリンクで飛ばすことも検討します。


<MOVIE大戦2010感想>

~あらすじ~


ディケイド 完結編
これまでの仮面ライダーディケイドは!

”世界の破壊者”であることを自覚し、他のライダーの掃討を始めたディケイド、門矢士。
彼の圧倒的な力の前に、ユウスケも、海東もなすすべもなく倒されてゆく。

そんな中、キバーラの協力を得て”仮面ライダーキバーラ”となった夏海は
破壊者となった士を止めるべく彼に挑むが――

一方、そんな彼らの背後で、
かつて滅ぼしたはずの大ショッカーの一団が再び動き始めていた―――

まぁ。なんというか、その。
色々なことがありまして、それでさんざんハードルを下げ過ぎた感があったのもあって、
非常に面白く見れました。

なんというか、本来本編の詳細な説明に使うべき時間を、
潔くバトルシーンにほとんど割いた感じ、とでも言うべきでしょうか。
すごいです。

一応謎らしき部分をある程度解決してはいますが、
細かい部分はほとんど”知るか!勝手に推測してろ”とでも言ってそうな感じ。
でもその潔く、荒っぽいところが、個人的には真に面白く見られました。
でも、

ヒーロー映画としてはまちがっているような気がするし。
「平成ライダー10周年記念作品」としてみると
最悪だぜこの映画。


なんかもうね、この映画、
主役はじゃなくて夏メロンさんだと再認識。
変身はするわ、士を殺すわ、士を蘇らせるために奔走するし。
夏メロンさんのヒロインっぷりにはマジで敬服です。あきこちゃんも見習え。



…とりあえず、あらすじへ。


これまでの仮面ライダーディケイドは!
といういつものナレーションからスタート。
しかし、本編はそれから数日後が舞台。
どういうことなの…


冒頭。


大空を滑空するスカイライダー。
陸地よりディケイドを探索するスーパー1とカブト。

そこに現れたディケイド・激情態
映画ならではの潤沢な予算とCGをふんだんにつかった、
伸びに伸びるディメンジョンシュートでスカイライダーを撃墜ライダーメテオし、
クロックアップでカブトを翻弄。

塚田Pイチオシのスーパー1さんあわれ

なすすべなくぶっ飛ばされるスーパー1を巻き込み、
ディメンジョンキックでカブトと共に撃滅。
スーパー1のファイブハンドとカブトの角が虚しく残る。


ここまでの流れがスゴい。
いやまぁ、映画だし。予算も期間もあったんだから当然なんですけど、

うごくよ!
スカイライダーの滑空のCGにしろ、ディメンジョンシュートの挙動にしろ、
とどめのFARにしろ、CGの出来が半端ねぇ。
開始数十秒で「おおっ」とうなっちゃいましたよ。
隣の客には迷惑だったかもしれませんが、
まぁ、両隣共に”こども”だったし、いいよね。うん。


東映にとってJさんの立ち位置って一体なんなんだよ
続いて40mの巨体ライダー、Jさんのご登場。
ディケイドを踏みつぶさんとうごめくその姿はまさに外道。

もっと気合い入れてくださいよJさん
しかしそんなJさんも「多目的巡航ミサイルギガント」と「サイドバッシャー
の猛攻には耐えきれず、あえなくリタイア。

…おい!Jさんもっと気合い入れろよ!
平成ライダーの重火器が強えぇのはよく分かったけど、
あんた仮にも「身長だけならウルトラ●ンなみ」のライダーだろう!?
等身大ライダーの武器ごときでやられてんじゃねぇYO!


昭和勢はなんでここにでてきたのかさっぱりです。
でも、スタッフが「マシンディケイダーは他のバイクに変身できる
という設定をちゃんと覚えててほっこり。


そして、とてつもなく唐突に登場する電波人間広瀬アリスタックル
あのあきこちゃんをも超える素晴らしいアニメ声できゃんきゃんと跳ねまわり、
怪人やライオトルーパー相手に電波投げを決め込み、
最後はケガレシア様蜂女にウルトラサイクロンをぶち込んで消滅してしまいました。

いつもの米村映画っぽく、唐突であまり必然性を感じないキャラでしたが、
ヒロインとしての焦点が夏メロンさんや蜂女に向かっていた関係上、
あんまり本筋で出張らなかった分、単純に、
本当は可愛い子が痛いコスプレをして動き回ってる」ぐらいにしか感じなくて、
特に気にならなくてよかったです。それに比べ士の妹ときたら…。



それでは、各メインキャラについての雑感をば。

ユウスケ。
なんといつもは使われる立場なくせしてライオトルーパーを引き連れ、士を襲撃した上、
「みんなの笑顔を守るためなら、究極の闇にだってなる!」と言いながら
黒眼のアルティメットフォームに変身。ディケイド激情態を圧倒するという、
今までのクウキっぷりからは考えられないほどの健闘を見せてくれました。

…クウガ絶対主義者たちからあれこれ言われそうですが、
TV最終回でようやく雄介の境地に達したとはいえ、
そもそもユウスケと雄介は別人なわけですし、
こういうアプローチのクウガもアリ、かな、と個人的には思いますです。


まぁね。わざと倒れたフリをしたディケイドさんに叩き落とされて形勢逆転、
苦し紛れにまさかの”アルティメットゴウラム”にFFRして、士もろとも心中しようとしたら、
ディケイドだけ爆発の勢いに乗って安全圏に逃げられ
結 局   犬 死  してしまうという、
体を張ったギャグを披露してくれましたけどね。
かわいそうなユウスケ……。


海東
あいかわらずのホモぶりを見せつけてくれました。
冒頭、「士のことなんて忘れた」と言いつつ、
いざ士が夏メロンさんに殺されたら、
夏メロンさんよりも先に士、死ぬな!とか言ったり。
なんだかんだで士復活のために奔走したりと、やっぱりどうしようもない。

でも、放送初期公式サイトで田崎監督が話していた、
士は弱い人間。カメラのファインダー越しでなければ世界と向き合えない
というセリフを言ったのには少しだけほっこり。


鳴滝プリキュア好きの変態中年おやじ。
まさかのゾル大佐化…ではなく、

スピンオフ版じゃねぇか
おでん屋の店主への転職。
しかも、彼がキーとなって、栄次郎おじいちゃんが死神博士化するという衝撃。


こう書くと、鳴滝が今回の黒幕。かと思いきや
今回のラスボスであるドラス関係には一切触れず、
その上、その他大勢の敵と戦っている途中でいつものスタイルに戻り、
おのれディケイドォォォオオオオ」と叫んでフェードアウトするといういつもの鳴滝

おまえ、本当になんなんだよ!
スーパーショッカーの黒幕も、おまえ自身もなんだかわかんねぇよ!


そして。
我らが夏メロン、いや夏みかん

しかしそのせいでキバーラさんはキバット以下の扱いに
なんと鳴滝の下僕であることが明らかになったキバーラさんを使ってライダーに変身。

やったぜ夏メロン
全てのライダーを抹殺して、やる気がなくなったディケイドの腹部をぶっ刺して
殺っちゃいました。さすがは夏みかん!

なんかパンフ見ると”鳴滝が言っていた、士を止められるのは夏海だけだというのは、
このことを指していたようだ
”とか書いてあるんですけど、
じゃあアレですか?
夏メロンさんはファンガイアか何かなんですか?ハーフなんですか?
…映像を見る限り、何でもないただの人にしか見えませんよ夏メロンさん。

しかしこのキバーラ。サーベルの柄で笑いのツボ押しやがりました。
やべぇ、夏みかんさんが変身するだけでこんなに恐ろしい存在になるってェのか…!


…と。劇場版におけるキャラ紹介はこの辺にしといて。本筋へ。

ってなわけで、全てのライダーを殺っちゃった士は夏みかんに制裁を喰らって消滅。
が、そのおかげで世界は消滅から免れたと語る、適当な説明に定評のある渡さん。
彼が言うには…、

我々ライダーの世界はやがて忘れ去られ、時と共に消滅するはずでした。
しかしディケイドがすべてのライダーを破壊し、カードとして残したおかげで、
再びライダーたちの物語は人々によって紡がれ、記憶の中に留められました。

僕たちも、新たに生まれたライダーたちも各々の物語の中に帰ってゆくでしょう


そして、なぜか復活し、9つの世界に戻ったリ・イマジ組のライダーたち。
しかしそこに士の姿はない。「ディケイドの物語は存在しない」から―――

その発想はなかった。
なんかムリクリでまとめようとしていますが、きっとほとんどの人は納得しないんだろうなぁ。

…が、自分は色々とアレだとは思いますけれども、
それでも、うまいこと考えたなぁ、と感心しました。

今でこそ、”Wへのつなぎ作品”、”平成ライダー十周年のお祭り企画”なディケイドですが、
そもそもディケイドというのは、これまでの平成ライダーへのカウンターとなるべく企画。
ぼくら20代前後ぐらいの特ヲタなら、ほとんどのライダーを知ってて当然ですが、
それよりもずっと下の世代になるとどうでしょう。一般人だとどうなるでしょう。


クウガやアギト、ブレイドやカブト、響鬼なんかはおそらく知らない。
龍騎や電王みたいに奇抜すぎて目立った作品を知っていればまだいい方だし、
もしかしたら電王すらほとんど分からないような人の方が多いはず。
僕らが幼少、心を躍らせて見ていたクウガやアギト、龍騎や555は
今の子供達には面識が薄いし、興味がないときっと分からない。


…しかし、それではライダーは次世代を担う映像作品としては立ちいかないし、
いつか視聴者の心から忘れ去られてしまう。
そんな”各々が独立した世界観”の平成ライダーの状況をがらりと変えよう、
そう思って制作されたのが「ディケイド」なんですよね。


そういう白倉Pの思いがこういう結末に持っていたんだとしたら、
個人的には、こういうめぐりめぐってな感じも悪くないんじゃないかな、と
感じたわけなのです。…こういうことを言う人間は少数派になりそうですが。

世界の崩壊を止めたのに、誰にも褒められるわけでもなく消滅した士。
そんな士をあきらめ切れない光写真館一行は、
カメラに残った士の姿を写した最後の写真を現像し、士の物語を復活させようと奔走。
しかし、士が壊してしまっていたためにフィルムは感光しており、
士の姿は中途半端にしか映らない。

困り果てた一行は、願いを込めて写真を握りしめ、士の無事を願う。
そしてその思いは9つの世界のライダーたちにも通じ、
彼らの思いと、「これまで士がたどってきた旅の思い出」の力で、
ようやく士はその実体とディケイドライバーを取り戻したのでした。


まさか、こういう少年漫画バリバリな展開が出るとは思わなかったぜ。
いやね、嫌いじゃないんですけどね、

夏の映画にはあんたの世界があったやろ、と。
とりあえず、クロックアップの世界から帰ってきたソウジさんと、
公務員に再就職できたであろうヒゲを剃り、髪を切ったショウイチさんの姿は必見。

そして、俳優が失踪したせいで出てこられないタクミ………。



で、スーパーショッカーとの決戦。
具体的に何が起こったのかは割愛するとして、
特筆すべきはボスキャラのドラス。
夏の映画で雑魚キャラ扱いされていたので、今回も…と思いきや、

ちゃんと中核である幼態のネオ生命体が存在していて、
幼い少年声でしゃべるし、思考も幼くてまさにドラス、と言った感じ。

まさか米村脚本で原典を尊重したキャラが見られるとは思ってなかったからほっこり。
それでなくともZOは初めて劇場で見たライダー作品だし、プッシュされるだけでほっこり。


終盤。
どこからともなく集結した9人ライダーを、
コンプリートフォームで最強フォームに変身させるディケイド。

うごくよ!
キックにパンチにスラッシュの応酬のうえに、

うごくよ!
必殺のディメンジョンキックでドラスを撃破。

そう、それだよ!ディケイド!それが見たかったんだ!
この辺の共闘とか急ぎ足っぷりは東映特撮の伝統っぽくて面白いよね。なんか。


が、ドラスはあくまでネオ生命体の”おもちゃ”。
スーパーショッカーを掌握したネオ生命体は、
スーパークライス要塞を用い、平成ライダーたちに総攻撃を仕掛ける!
さぁ、どうするディケイド!?どうなるディケイド!?


…と煽って「ディケイド編」は終了。このぶつ切りのまま、
ドラマ的には面白いけど、アクション面では若干地味めなW編になると聞いて、
見ていた時は”んなぶつ切りでこのテンションを持続できるのかヨ
と杞憂したものですが…、


続きます。




たいとる
W ビギンズナイト

ある日、鳴海探偵事務所に舞い込んだ、
ある女性を探してほしい」という一件の依頼。
調査に乗り出した翔太郎たち一行の前に、
かつて死んだはずの「おやっさん」、鳴海 壮吉が現れた。
変身ベルト「ロストドライバー」を用いて、
”仮面ライダースカル”に変身しWに攻撃を仕掛ける壮吉。
何故死んだはずのおやっさんが?何故自分たちを襲うのか?
最近風都にまことしやかに流れる「死人還り」現象とは何か?

フィリップを助け出したあの夜、ビギンズナイトにいったい何があったのか?



――半熟に帽子はまだ早ェ。
帽子ってェのは、男の目元の冷たさとその奥の優しさを隠すためにかぶるもンだ。
翔太郎。おめェにはまだどっちもねェだろう――


もうね、冒頭一発目のこのセリフで惚れましたよおやっさん。
吉川晃司パワーってのもあるんでしょうけど、
三条脚本と彼の演技と素のキャラクタのカッコ良さも相まって、
マジにハードボイルドな人に見えましたよおやっさん。
翔太郎が師事し、人生の道標にするのもうなずける。


仮面ライダースカルとしてのバトルも見ごたえあり。
仕事にガイアメモリを使わないのが俺のポリシーだ」とか前置きしといて、
変身したらもう容赦なしですよ。あの冴子お姉さまを手負いにするほどの強さ。
本家本元(らしい)「さぁ、お前の罪を数えろ」もキマリすぎ。

ってか、おやっさんは最初っからガイアメモリとロストドライバーを所持してたんですね。
この映画で「一話冒頭で何があったのか」が明かされましたが、
逆に「何故おやっさんがそんなものを所持していたのか」とか、
誰の依頼でフィリップを助けに行ったのか」あたりは曖昧にぼかしたまま。

いつもの平成ライダーなら終盤にならないと明かさない謎をこんな序盤で解いちゃって、
今後話を引っ張れるのかと杞憂したものですが、その心配はおそらくなさそう。


が、それゆえに「死人還り」でおやっさんが蘇ったときの衝撃は強く、
翔太郎はそのせいで探偵をやめようとすら。

こんな物騒なことができる「デス・ドーパント」強ぇえ!…と思ったものですが、



その正体がデス(”D”EATH)ではなく、
ダミー(”D”AMMY)でがっかりです。
”デス”の能力も、ダミーの”変身”能力で真似ただけのもの。
うまい!と思ったけど同時に”ひどい!”とも思いましたね。うん。
しかも最終戦まで出張ることになるなんて…。




で、ビギンズナイト。
前述のおやっさんの話もそうですが、
翔太郎とフィリップの出会いの話も掘り下げて描かれていました。

――何故一話冒頭、フィリップは自分を悪魔と呼んだのか?

彼はかつて、自身の「地球の本棚」の知識を組織に提供し、
多くのガイアメモリ製造にかかわっていた。
そして、それを翔太郎にとがめられてのこと、だったそうで。

――何故一話冒頭、フィリップはあのようなタワーの中心部にいたのか?

その時のいざこざで誤って転送装置に入ってしまい、転送されてしまったから。

――”フィリップ”という名前は誰が?意味は?

おやっさんが名付け親。”フィリップ・マーロゥ”というキャラクタより。
…なんだ、自身の気に行っていた小説のキャラから付けたのか、
なんだかんだでおやっさんも適当だなぁと思っていると、

「(略)――この先どうするかはお前が決めろ。
そしてここを脱出したなら、その後でお前の罪を数えろ。
お前の罪は、何も決断しないで生きてきたことだ。

――フィリップ。俺の尊敬する男の名だ。
そいつは、何事も自分の決断で解決してきた。
お前…、何か自分で”決断”したことはあるか?」


おやっさんはしゃべるときいちいち渋いから困る。



…ってなわけで。さすがはWのメインライター、三条陸脚本。
アクション面ではなくドラマ面で観客を燃えさせてくれました。
ディケイドでの燃えをうまくつないで最終章に渡してくれるとか、すごすぎるぜ。

せっかくなので、ビギンズナイト以外のドラマ面はあえて感想に書きません。
自分で見に行って存分に燃えてください。カッコ渋いですよ。
…いや、感想書くのがめんどくさいとかセリフがうろ覚えだからとかそうゆーんじゃなくて

続きます。


MOVIE大戦2010

~あらすじ~

自らの運命、進むべき道を受け入れたディケイド。
自らの過去と向き合い、進むべき道を見出したW。
二つの戦いは意外な形で交錯し、共通の敵を相手に戦うことに。

スーパーショッカーの要塞、スーパークライスに、
巨大兵器マンモスメカ。そしてネオ生命体の猛攻。
ディケイドとW、そして9大ライダーはいかにして立ち向かうのか!?



ディケイド編で”いきなりぶつ切りでW編に移動した”せいで
観客の多くがどよめいていたのが印象的でした。
まぁ、某幼児向け雑誌とかの前情報さえ知っていれば、
そこまでうろたえることもなかったような気がしますけど。


冒頭一発目からクライス要塞からマシンディケイダーで逃げるディケイド。
逃げるダミー・ドーパントを追うW。そしたらなぜか舞台は造成地へ。
そして、各々の口上を述べ、往年のライダー作品よろしく、
爆発の中をバイクで駆け抜けるところで合流。

合流まで二人の立ち位置が間逆で、徐々に同じ土俵に立っていく演出にニヤリ。
しかし、二人に中途半端に面識がある以上、夏の映画の出来事は一応あった、
ということになるのでしょうか。一体どこにはさまるのやら。
そして白倉Pと米村はどうやって弁明するのやら


で、クライス要塞にマンモスメカというスーパーショッカーの布陣に対し、
ディケイドが出した”切り札”は…


※ただしディケイドは参加しません
「ファイナルアタックライド」「オールラ・ラ・ラ・ライダー」
全ライダー(ディエンド除く)を強制的にFFRさせる、ある意味今作品の集大成カード。
下準備なくいきなり出てきた件はもうほっとくとして、すごかったのは変形プロセス。
なんと、「ちょっとくすぐったいぞ」を行うのは
ディケイドでもディエンドでもなく(一部除く)、

シュールすぎて泣けるわ
各ライダーが縦一列に並び
準々に「ちょっとくすぐったいぞ」を連呼して変形してゆく始末。

これには自分含め、小さいお友達も大きいお友達も大爆笑。シュール。
中でも(個人的)注目はユウスケをFFRさせるショウイチさん。
こういう一件があると、それだけでも笑ってしまうから不思議。

なお、電王については、さすがにこの大舞台で「モモタロス」に変形するのはあまりにも地味なので、
本来のFFR形態である「デンオウデンライナー」になってました。
海東さん大勝利!

が、せっかく9大ライダーがFFRしてクライス要塞に立ち向かったってェのに、
肝心の本編はディケイドVSダミードーパント、WVSマンモスメカに焦点が行きがちで、
結果、FFRVSクライス要塞は劇中数十秒程度しか描かれていないというおざなりぶり。
CG合成班が力尽きたのでしょうか。

割愛。
クライス要塞も、マンモスメカも破壊し、残るはネオ生命体とドーパントのみ。


時間ないのにラスボスなんか出しちゃうから…
が、ネオ生命体はダミードーパントを取り込み、”アルティメットD”として覚醒。
その圧倒的な力にさしものディケイドもWは大苦戦。
9大ライダーもなぜか来てくれないので大苦戦。

仕方がないので、さらなる切り札で対抗するディケイド。

あらやだ意外とカッコいい
「ファイナルフォームライド」「ダダダダブル

まさしく”Wの世界の常識を破壊する”納得のFFR。
これなら普段戦いに参加出来ないフィリップも大満足ですね。


そして、必殺の”トリプルエクストリーム”でキメ。
時間が推していたのか、さしたる活躍もできぬまま
あっさりと仕留められたアルティメットD涙目。

時間ないのにラスボスなんか出しちゃうから…
なんのために新造されたんだよこいつ!


終盤、

おやっさんがかっこよすぎる
ディケイドより「スカル」のカードを託された翔太郎とフィリップは、
偶然「別の世界のスカル=おやっさん」と遭遇。

誰だか知らんが帽子、サマになってんな。
帽子の似合う男は一人前だって相場が決まってるんだ
」とのひとこと。
これにはさすがの翔太郎も男泣き。そしてさわやかに去ってゆくおやっさん。
Wの本筋を追って、この映画を見た人なら感動するまさに名場面。
かくいう自分もこのシーンにはグッと来ました
かつてのおやっさんではなく、別の世界のおやっさんってのがなお良し。


そしてエンドロール。
具体的に何があったかはめんどくさいので書きませんが、
どちらもさわやかに締め、その上で、

風都の仮面ライダーはひとりじゃないぜ
の一言とともに、まだ一般層には情報が行きわたっていない
新ライダー・アクセルの変身者『照井竜』がご登場。

…”アクセル”のメモリを持っているだけで、
まだライダーとしての姿を現さないってところがニクいしオイシい。
アクセルの登場は年始辺りでしょうか。ファングジョーカーが年末に出るらしいですし






…ではまぁ、簡単に総評。ここまで読んでくださった皆さんお疲れ様です。


とにかく、最初っからハードルを下げ過ぎていたのが功を奏し、
終始笑って泣いて(主に映像美的な意味で)楽しく見ることができました。
あのカットカットカットォオな夏の映画がウソのよう。

まぁ、細かいことを言えばキリがないんですけど、
この布陣でいちいち文句言ったってそれこそキリがないですしね。
この辺で飲み込んで諦め納得しておくことにします。

これ以上こんな最終回が増えるのだけは嫌ですしね。

…あ。もちろんビギンズナイトは別よ?かっこよかった。






ってなわけで。去年の情報第一回を含めれば足掛け一年に渡る、
平成ライダー10周年プロジェクト」への感想。いかがだったでしょうか。
東映の上層部がこれ以上トチ狂わない以上は、これにてディケイドの感想、
及び記事は今回で最後になりそうです。

なんだかんだで、士やユウスケ、夏みかんに海東たちと、
素直な、まっさらな気持ちで”ばいばい”出来て、
一年近くかけて番組を追っていた視聴者としては嬉しい限りです。

最後に、ここまで見ていただいた皆様へ。
自分の自己満に付き合ってくださってありがとうございました。
ときどきいただけるコメントその他は非常に励みになりました。
この馬鹿みたいな長さでは、
もしかしたら途中で投げ出していたかもしれなかったのですが、
皆様のおかげで無事に、投げ出さずに終わることができました。

この場を借りてお礼を申し上げます。
そして、今後とも”週刊 わかめ新聞”をよろしくお願い致します。

では、では。








…………いや。ちょっと待て。ちょっと待てよ。

彼を変態たらしめた伝説の表情
結局、鳴滝さんとは、
さわやかでもまっさらな気持ちででも…、
いや、むしろ、お別れしたくねぇし、できねぇよ!?

こりゃあまいった。これじゃあ締めるに締められないじゃないですか。
…ですが。我々が一年間期待と不安に胸を膨らませた「ディケイド」という番組には、
どんな不条理なことも”たったひとこと”で済ませられる魔法の言葉がありました。

なんでしょう?なんでしたっけか?ここまでお読みになられた方でしたら、おわかりですよね?

さぁ、みなさま。ご一緒に。






まさか鳴滝の顔で締めることになるとは感想を書きだしたときは考えもしなかった
おのれ、ディケイドォォォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオォォオオオ!!



そんなもやもやとした気持ちを文章にぶつけた一作。
Journey through the Decade Re-mix』、
よろしければご覧下さいませ。長いけど
スポンサーサイト
総もくじ  3kaku_s_L.png Journey through the Decade Re-mix
総もくじ  3kaku_s_L.png これから観に行く上で全く役に立たない映画レビュー
もくじ  3kaku_s_L.png 観た映画の感想
もくじ  3kaku_s_L.png 自作のアレな絵
もくじ  3kaku_s_L.png わかめ新聞雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【12月 11日 最初っから散々たるあり様になると思えば期待も悲観もないから不思議ね】へ
  • 【Web拍手その他返し】へ

~ Comment ~

おのれDCDォォォォ 

NEWも(ハードル下げすぎて)とても面白く観れました!
ぶっちゃけ、もう1回観たいです。・・・ビギンズナイトとMOVIE大戦を。
ディケイドはとりあえずインビジブル使ってくれたのが嬉しかったです。
カードは一応あるのに、TVで使われなかったのでもうホントよかった(笑)。
そういえば、昭和勢が出る意味あまり無かったですよね。設定だけでよくね?
終盤のコンプリートに変身→全ライダー最強フォーム化は良かった!
アレは燃えた。でも時間がおしてたのか、ほとんど一瞬でしたね。
ビギンズナイトは、もう文句のつけようが無いです。
NEW的には、ライダー映画の中じゃ最高かもしれないです。
おやっさん渋すぎ・・・。一つ一つの台詞に味がありましたね。
ダミードーパントは本当に「ショボッ!」。色も地味だし・・・。
しかしアルティメットDの正体がコイツなのがビックリ。なんか一部では
ライジングアルティメットが取り込まれて「アルティメット」Dとか言っていたような・・。
ビギンズナイトは良かったところ全部書くと長すぎるのでここまで。
MOVIE大戦2010は、最初中央に線が引いてあって、その両側で
物語が展開するというのは、とても斬新で良かったように思います。
あの中央の線がなくなったところで超鳥肌立ちました。
ハードマンモシャー(でしたっけ?)はよく考えたなと思いました。
アルティメットD戦は結構早く決着ついてしまいましたね。
サイクロンサイクロンは両方にマフラー付いてたんですね。
あれだけ盛り上げたのに意外とあっけなかったなぁ・・・。
全体的に観るとNEW的には80点くらいですかね。DCDパートがなぁ・・・。
しかしよく出来ていたし、とても楽しめました。DVD早く出ないかな〜。
ここまで読んでいただきありがとうございました。長文失礼しました。


・・・・・・しかし、鳴滝は何だったんだ。アイツが一番の謎・・・?

小説面白いです。 

初めまして。LASTといいます。
私もディケイドが大好きで、今でも時々ディケイドでネット検索しています。
今日、このサイトを見つけて小説を読まさせていただいたのですが、すごく面白いです!!
本編で個人的に不満であった龍騎の物語も丁寧に世界観や内容を作っておられて驚きました。 これがそのままテレビで放送された方が面白いと感じるほどです。
映画での完結編は見ていて楽しかったのですが、未だにディケイドという作品が終わっていないような不思議な感覚が抜けません。冬の映画にでもまた登場して欲しいです。

お忙しいとは思いますが、小説楽しみにしています。のんびりと待ちますので続きの制作、よろしくお願いします。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

????? ??å??W

ï?Τä??ä???????κ?
  • from  
  • at 2009.12.12 12:53
  • 【12月 11日 最初っから散々たるあり様になると思えば期待も悲観もないから不思議ね】へ
  • 【Web拍手その他返し】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。