スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←上映時間があと10~15分ぐらいあればきっと名作になっていたお祭り映画(劇場版ディケイド感想) →8月 21日 誕生日の設定がブルーレイで初めて公開とか公式設定としてどうよ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


総もくじ  3kaku_s_L.png Journey through the Decade Re-mix
総もくじ  3kaku_s_L.png これから観に行く上で全く役に立たない映画レビュー
もくじ  3kaku_s_L.png 観た映画の感想
もくじ  3kaku_s_L.png 自作のアレな絵
もくじ  3kaku_s_L.png わかめ新聞雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【上映時間があと10~15分ぐらいあればきっと名作になっていたお祭り映画(劇場版ディケイド感想)】へ
  • 【8月 21日 誕生日の設定がブルーレイで初めて公開とか公式設定としてどうよ】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

仮面ライダーディケイド感想

エンリケ氏の俳優としての今後の是非が心配(ディケイド感想29)

 ←上映時間があと10~15分ぐらいあればきっと名作になっていたお祭り映画(劇場版ディケイド感想) →8月 21日 誕生日の設定がブルーレイで初めて公開とか公式設定としてどうよ
(10/2 画像を追加しました)

と、いうわけでアマゾン編後篇。


てつを編の予告が流れたシンケンジャー編後篇でも思ったのですが、
本編の内容よりも次回予告の方が盛り上がるってんはどうかと思うんだ。
なんかもう、みんなこの回の話じゃなくて次回の話しかしない人ばっかだし。

まぁ、気持ちは分かるんですけれどもね。
あんなことが予告で流れちまったらもう、そっちの方面で盛り上がらざるを得ないっつぅかね。
何が予告で流れてしまったのかは本文中にて。

ではでは。






…りっさんの誕生日を祝う前にやるべきことあったんだよ自分。
いやほんと、なにやってんだよ自分。

色々とアレだった次回予告についてはこちらより。


<ディケイド感想>


第29話:「強くてハダカで強いやつ


~あらすじ~

信じていたマサヒコに裏切られ、ギギの腕輪を奪われて絶望するアマゾン。
彼はもうこの世界にいることはできないといい、士の旅に同行すると言いだす。

一方、マサヒコの手から十面鬼に渡ったギギの腕輪。
彼の持つガガの腕輪とそれが揃うとき、超古代文明の力を得て、
人類総怪人化計画」が発動されてしまう。

アジトから助け出され、怪人化計画を止めるために単身動いたマサヒコ、
そしてその姉、リツコの説得により、
アマゾンは信じる者―――トモダチのために再び十面鬼に戦いを挑む!


アバンタイトル。
マンティスロードと対峙したユウスケクウガ。
「刀」持ちの相手だし、やってくれるかなぁ…と思いながら見ていると、

マジかよ
きっちり「敵から刀を奪い取り」、「タイタンフォームに超変身」、
「物質変換でタイタンソードに変質させ、カラミティタイタンでキメ」
…までやってくれちゃいました。

ウソだろ!?ユウスケ、ユウスケの所業だぞ!?五代じゃなくて。
何はともあれ、久々にして最後のクウガらしいバトルが見られてほっこり。


士のピンチに颯爽と現れたホモディエンド。


「あっちが十面鬼なら、こっちは3面鬼だ」
「ハハ、それは面白い」

これがテレビ放映時最後のカメンライドになるとは誰が予想しただろうか
「カメンライド」「ザンキイブキトドロキ

文字通りの三面鬼。
アポロさんの盾に接触した音撃斬のみょーんというSEがなんだか愛らしい。


しっかしアポロさん、
「人類にとって迷惑な存在なのだ」とか、
「面白い。受けて立ってやるのだ」とか、
「えぇいディエンド。迷惑なやつなのだ」とかさ、
いつの間にか「~なのだ」が口調になってますね。
最強の戦士かそれ以上に愛らしい。面白い。


夏メロンさん以外と体力あるんですね

割愛。
十面鬼たちの追跡を逃れ、大ショッカースクールの保健室に身を寄せる士と夏海。

最近になってようやく夏メロンさんがヒロインに見えてきたんだぜ
「ユウスケから聞いたんですから…、
こないだ、わたしが死にかけたとき、命を分け与えてくれたって」


ユウスケの口の軽さは異常。
後の最終回用にとっておくべき複線だと思ってたら別にそんなことはなかったぜ!
結構重要な局面での話だったんだから、ちゃんと口閉じとけよユウスケ。
信用無くすぞ。


何か差異があるかと思ったらそんなことはなかったぜ
変態は明らかに駆け引きをミスった
そんな中、海東と接触する鳴滝。
ディケイドを倒してくれるならこのパワーアップカードをあげよう
という変態の言葉に、カードだけ奪って立ち去ってしまう海東。

設定読み説いて考えると、こいつも大ショッカーのものになるんですが、どうするんだか
なんでこいつがんなもん持ってるねん、とかそういう謎はたぶん放置だろうなぁ。



またまた割愛。

大ショッカーのためにギギの腕輪を奪ったマサヒコだったが、
アポロさんと十面鬼は奪った後はマサヒコを用済みと判断。
彼を怪人に改造することに。

なんかものっそい嫌がってるんですが、お前前回、
「幹部になれる」ことを光栄なことに思っとったやん。
怪人って確か大ショッカー内部じゃ上の人ですやん。
何故そこまで嫌悪するんだろーねー。

戦闘要員以外って白だっけか?
「これより!大ショッカーの改造手術をはじめる!」

米村はナマコに何か特別な思い入れでもあるんかい
「何怪人にする?」
「う~ん、ナマコ怪人なんてのはどうだ?」
「そんなのやだー!」

 ま た な ま こ か
一応、ナマコのオルフェノクならいたけどねー。
今思うとなんでそんなモチーフが採用されたかよくわかりませんが。

昭和作品ではよくあること
「ナマコは俺も反対だな」
そんな中登場した二人の戦闘員。無駄に足が長く、すらりとした体型。
その正体は―――


無駄にタッパあるから映えるでもユウスケの場合は…
「お前の嫌いなライダーだ」
士さんでした。
昭和ライダーでは割と慣用的に行われていた戦闘員変装。
なんだかとてもなつかしい。



割愛。

リツコ姉ちゃんが下衆すぎて生きてるのがつらい
助けられたことでアマゾンと和解したマサヒコは、
十面鬼からギギの腕輪を取り返しに単身アジトへ。
そんなマサヒコの身を案じる姉、リツコは、
今までさんざん迫害し暴言を吐いていたライダーたちに助けを求めることに。

いやぁ、時間がねぇからとはいえ詰め込みまくってんなぁ。
数十秒前まで「ライダーがいなくなってくれればこの世界は平和になる
とか言ってたくせに何この変わり身の早さ。
現代社会で生きていくためにはこういう世の渡り方が必要なんですかね。
アマゾン編はなんか全体的に「あと10分ぐらい多ければ」的な面が多かったです。

せっかく凝ったデザインしてるくせにやってることが少々地味
ギギとガガの腕輪を揃えたことで解放された超古代の力を使い、
一般人を怪人に変え、地上を怪人で覆い尽くす
「人類総怪人化」計画を実行する十面鬼。

どうしようもうアポロさんの顔を見るだけで噴きだすようになっちまったよ
「人類にとってはまさに大迷惑な存在なのだ」
「迷惑だとと思ってるんならやめるんだな」
「その声は!」

このタイミング…狙ってんだろ
「ファイナルアタックライド」「ディディディディケイド」
即FAR噴いた。こういうとこだけテンポ良く進むから困る。

勇気と無謀は違うのだよ  マサヒコクン無謀すぎ
一体なぜこれで「トモダチ」を示しているのかわかりません
で、ディケイドと小競り合いをしている隙にギギの腕輪を奪い返したマサヒコ。
アマゾン恒例の『トモダチのポーズ』もとり、ようやく仲良くなれたご様子。


「お前らの作った世界は最悪だ!
人が人を疑い、誰も信じることができなくなった世界。
だがこの男は違う!この最悪な世界で信じることを忘れなかった。
だから本当に信じられる”トモダチ”と出会えた!」
今週のスーパーお前が言うなタイム。
まぁね、別にここじゃなくたって、現実世界でもそうだと思いますけどね。


ちょい割愛。


ガガの腕輪を奪うために参戦したディエンド。

「新たなカードを試してみるか」
おっ、早速あのオレンジ縁取りのカードを使うのか!と思いきや…、

中の人の戸谷さんが本放送時むやみやたらとはしゃいでいたのがまた涙を誘う
「アタックライド」「イリュージョン
単なるイリュージョンでがっかりです
ってかカードの絵柄も違うし。
どうせなら最終回となる来週、再来週までとっとけばいいのに。

やった♪
ガガの腕輪を奪えたディエンドだったが、
ディケイドの所持する、絵柄の戻ったライダーカードに映ったのはそのガガの腕輪。


なんという外道
「アタックライド」「ガガ ノ ウデワ」
とりあえず挿入してみたら、せっかくディエンドが奪った腕輪がディケイドに!
なんというか、ここ最近のかまってちゃんな悪行が続いた関係で、
ご愁傷様とも言えないのがなんとも。

アマゾンによってアポロさんは撤退させられたものの、
平成十大ライダーの技を返す強敵、十面鬼がまだ残っている。
さぁて、この強敵をディケイドたちはどう倒すのか…、

※この間アマゾンは何もしていません
ディケイド+ファイズブラスター+ディエンドの同時攻撃で反撃攻撃を無効化、

本来の効果は「ガガの腕輪をどんな状況でもアマゾンに所持させられる」あたりなんでしょうか
おっぴろげ
どういうことだ、全然グロくないじゃないか、スーパー大切断なんだろう?もっと派手に行こうぜ
「ファイナルアタックライド」「アアアアマゾン」
そしてアマゾンにガガの腕輪を渡し、必殺の「スーパー大切断」でキメ!

…凝った倒し方を期待したのですが、
結果的に「カッシスワーム第二形態」のそれとほぼ変わりなくてがっかりです。
能力的に似てるんでしゃあないっちゃあしゃあないんですけど、
もっとなんとかならんかったのかなぁ。
三位一体同時攻撃+弱った敵にさらに強力な一撃でトドメ」まで
カブトのそれと一緒ってのは問題だと思うんだ。

…アマゾンの「スーパー大切断」も、昨今の規制が反映されてか、
元の大切断となんら変わらないようにしか見えないし。こりゃあひどい手抜き。

割愛。

似合わない
マサヒコと野球とを楽しむアマゾン。ようやく自分の世界を見つけた模様。
しっかしさ、本編中よりも滑舌がいいのはなんででしょうね!
むしろこっちの方が違和感だ!

道路交通法の改正のせいでむやみやたらとバイクに乗れないことが多いのだそうです

で、そんな彼らの明るい未来を祈りつつ、バイクで去っていく士一行。
こういうフェードアウトはライダー作品ならでは。

…あれ?そういえばマシンディケイダー(バイク)って、
世界の壁を乗り越えられたんじゃなかったっけか?(一話参照)
まぁ、あれか。いつものように忘れ去られてるってことで。

講談社か何かの書籍に「劇場版は本編29~30話の間の出来事ですわよ」みてーなことが描かれてたらしいけどよ
そこまで関連付けなくていいっていうか、どう考えてもそうは繋がんねぇだろ
そんな中、唐突に挿入される、そそり立つ大ショッカーアジトのひとこま。
映画版とのつながり、導入を意識してのものなんでしょうけど、

映画版の繋がりあってのものとしてみると、どうやっても違和感があるし、
(※劇場版ではある事象が終了するまで地中深くに埋まっていたわけで、
それを踏まえて考えてみると、ここで一回出てきたあとに、
再び「埋まった」という意味不明の行動が行われたことになる)
ぶっちゃけこんなカット用意する暇があったら、
リツコ姉ちゃんの行動にフォローを入れろ、と。


今週の一枚

やめてください
士とゆかいななかまたち一同
で、今週のラストシーン。
ホモ東さんも写真館に立ち寄った、ということで、
ディケイドメインキャラクター全員で写真を撮ろうとしたところ、

新たに現れた背景ロール。

ライダー大戦の出来がすごすぎたせいで劇場版が「オールライダー」になったのは特ヲタの間じゃ有名な話
クウガが!
アギトが!
龍騎が!
555が!
剣が!
響鬼が!
カブトが!
電王が!
キバが!

ディケイドに襲いかかるこの光景!
我々はこのシーンを知っている!いや、この戦いを知っている!

まぁ、劇場版で「オールライダー」をやったことですし、
TV版の落とし所は「ライダー大戦」しかねぇだろうなぁ、ってのは、
もはや子供でも分かるような気はしますけれども。

にしてはみんな驚きが少ねぇなー。特に夏みかん。


次回。



あ、真理さんだかなんとかさんだかも出るんですね。チェンジで
ディケイドも残すところあと2回
いよいよ、いよいよ最後の世界。

キバの世界と剣の世界は共存できない」とカズマに戦いを挑むワタル。
数々の墓標の前で一人たたずむアスム。
ファンガイアっぽいパーフェクターを装着したアポロさん。

ビートルさんあんたは自重してほしかった
さらに某特撮系情報雑誌では、
ディケイドに登場した」各世界のボス怪人たちも総出演するとの情報が。

リ・イマジネーションされた登場人物に加え、
各世界のボスキャラ入り乱れての、文字どおりの「ライダー大戦序章」。
それだけでもこれまで見てきた視聴者は否応なしに燃え上がること請け合いですが…、

何この橘プロデュース的なコス
( 0w0)<ホントウノテキハ、ダイショッカーデハナイ

剣崎さん!ぼくらのオンドゥル王子!
剣崎さんが5年ぶりにブラウン管の前に姿を現したぞッ!!!!!

やばい。ヤバすぎる。
こりゃあ展開次第で実況板飛ぶね(サーバーの負荷的な意味で)。
自身のブログ等で「出たい出たい」と
熱烈なラブコールを送っていた甲斐があったね椿さん。


驚くなかれ。これコラじゃないんだぜ
しかも予告カット内では「( 0w0)( 0M0)が並び立つ」なんてもんもあるしさ。
もうね、名作コラ画像ばっか観てたせいで、
ダディが主役勢の横に立ってる画像みんなコラに見えるから困る。

さて、このギャレンさん。劇中ではどんな立場なのだか。とりあえず予想してみました。

①本家の橘さん役、「天野浩成(あまの ひろなり)」さんに決まってんだろ?
剣崎の中の人がふつーに出るんだもん。橘さんだって。…まぁ、最悪声だけでも。

②ちげーよ。このタイミングで橘さんが出るわけねぇだろ。
カズマが再登場するわけだし、サクヤさんだろ常識的に考えて

③んな手間暇、最終回間際で東映がかけるわけねぇだろ。
隣にディエンドがいるんだしどうせ奴の召喚枠だよ。声もないか別人

…まぁ、順当に考えてですよねやっぱ。
出るんだとしたら放映当日まで何の情報も漏らさないわけないし。
このタイミングで主人公ではない橘さんが剣崎と一緒に出てくるのもおかしい。
でも、それでも…橘さんならなんとかしてくれる!
と思うのは自分だけではないはず。

橘さんが再びテレビの前に姿を見せたら、その瞬間鯖が飛びますね。これは間違いない。


◎29話バトルセレクション

・アバンタイトル


・ディケイド&ディエンド&アマゾンVS十面鬼



…用語説明で橘さん関連の話でもしようかと思ったけど疲れたから勘弁。
スポンサーサイト
総もくじ  3kaku_s_L.png Journey through the Decade Re-mix
総もくじ  3kaku_s_L.png これから観に行く上で全く役に立たない映画レビュー
もくじ  3kaku_s_L.png 観た映画の感想
もくじ  3kaku_s_L.png 自作のアレな絵
もくじ  3kaku_s_L.png わかめ新聞雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【上映時間があと10~15分ぐらいあればきっと名作になっていたお祭り映画(劇場版ディケイド感想)】へ
  • 【8月 21日 誕生日の設定がブルーレイで初めて公開とか公式設定としてどうよ】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【上映時間があと10~15分ぐらいあればきっと名作になっていたお祭り映画(劇場版ディケイド感想)】へ
  • 【8月 21日 誕生日の設定がブルーレイで初めて公開とか公式設定としてどうよ】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。