スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←コマンドーがお好き?ではますます好きになりますよ →6月 8日 かろうじて絵だけ塗れたんよ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


総もくじ  3kaku_s_L.png Journey through the Decade Re-mix
総もくじ  3kaku_s_L.png これから観に行く上で全く役に立たない映画レビュー
もくじ  3kaku_s_L.png 観た映画の感想
もくじ  3kaku_s_L.png 自作のアレな絵
もくじ  3kaku_s_L.png わかめ新聞雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【コマンドーがお好き?ではますます好きになりますよ】へ
  • 【6月 8日 かろうじて絵だけ塗れたんよ】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

仮面ライダーディケイド感想

響鬼ファン必見!音撃戦士の一大セッション(ディケイド感想19)

 ←コマンドーがお好き?ではますます好きになりますよ →6月 8日 かろうじて絵だけ塗れたんよ
響鬼」編の後篇であり、9つの世界の最後の旅。

放送前はあの「イライラしてる人がオリキャスで登場」
ということばかり注意が行きがちで、
また、「脚本:米村」という呪縛から不安に駆られていたのですが(そっちはたぶん自分だけ)、

終わってみたら「本家でやってほしいと渇望していたものが見られた」、
いい響鬼最終回だった」と軒並み好評みたいでした。
かくいう私も「面白かった」と声を大にして言いたい、ぜひ言いたい、と感じました。
脚本が米村のくせに。

まぁ、グチその他はこのぐらいにしておいて、感想へどうぞ。

<ディケイド感想>



19話:「終わる旅

~あらすじ~

鬼の力を制御できなくなり、伝説の魔化魍・牛鬼となってしまったヒビキ。
魔を祓う力を持つ「鬼」は魔である魔化魍と限りなく等しく、
倒そうとする力が強くなればなるほど、心の内の「」が体を蝕み、
魔化魍に変質させるのだという。

師に変わり変身したトドロキ、アキラの活躍もあり、牛鬼を退けることには成功したが、
だが、師が倒すべき牛鬼であることを知らないアスムは…。

その水面化、「牛鬼だけでは物足りない」と、キバーラは闇の世界から、
あの仮面ライダー王蛇を呼び出して魔化魍の封印を解いてしまい―――


冒頭。

なんのための龍騎だ
結局龍騎についてはまるで意味がなかった件。
ストライクベント」で迎撃するも、意に介さず突進。

おい!”ナケルデ!”はどうした!
「闘牛士でダメなら、金太郎だ」
「カメンライド」「デンオウ」
「フォームライド」「デンオウ アックス


…んだよ、ふつうにフォームライドがあるんじゃねぇか!
何のための「ナケルデ」だよ!
…まぁ、いちいちんなことしてたら、作劇の都合上締まりが悪いですけどね。

もうただの張り手だよな
「アタックライド」「ツッパリ」
某北斗百烈拳並みの張り手を喰らわせるも、まったく後退せず、
ディケイドは敗退してしまう。


もっと良い画像がありゃあよかったんですが筆演出
が、いがみ合いを続けるザンキとイブキから変身音叉を奪いとり、
トドロキとアキラは轟鬼天鬼に変身。

響鬼本編とかでよくあった光景
音撃斬・雷電斬震音撃射・疾風一閃を用いてようやく撃退。

ディケイドが初出となる鬼、天鬼(アマキ)。
初出といいつつも、外見が威吹鬼とほとんど変わらないから、
オリジナルっぽくないですよねー。なんというか。
もう少し色や外見のイメージを女性っぽくすりゃあいいのに。


割愛。
体裁だけはまともなんだけどなー
牛鬼の一件もあり、今こそ三つの流派がひとつになるべきだと主張するアキラとトドロキ。
しかし、彼らの師は自身の流派の隆盛ばかりを気にして耳を貸そうとしない。

米村脚本のくせに!米村脚本のくせにぃ!
士「そうだ、そのとおりだ。口を慎むんだな。
音撃道とやらを真剣に考えているのは誰だ?お前たちは師匠なんだろう?
弟子たちの未来、音撃道の未来、お前たちが決めてやれ
。」
諸事情あってちと早いが、今週のスーパーお前が言うなタイム。
もっと時間を割いて書けば面白い話になっただろうなー、と思う反面、
後半の展開からすると、このぐらいの比重がベストなんだろーなー、とも思ってしまったり。

あと、やっぱりトドロキさんはトドロキさんのままでしたね。ホモry

祭りのにおいを嗅ぎつけたか
そんな水面下、キバーラさんは「牛鬼だけじゃ物足りない」と、
イライラしている人でおなじみ、仮面ライダー王蛇を呼び出し、
特殊な音撃棒であのバケガニを復活させてしまったぞ!

オリキャス!龍騎時代のオリキャスで帰ってきたぞ!
本編からすでに7年近く経ってるせいか、思いっきり明るい声ですね浅倉さん。

キバーラさんかわいい
イライラするってだけでキバーラさんをぶっ飛ばす王蛇さんマジ外道。

しっかし、んな仰々しい儀式で呼び出すってぇのに、呼び出す魔化魍は「バケガニ」ですか。
もっとマシなの何匹かいるだろーよ。カニは本編だけで見飽きたってぇのに。


割愛。
海東から事情を聞いたアスムはヒビキと面と向かって話がしたいと言い、
彼はアスムをヒビキの元に連れて行くが、

海東のせいでアスムはヒビキが牛鬼であることを知ってしまい――

まぁ、なんというか言動も行動もひどいけど、
この場合ほっといても事態は好転しないし、尺の都合もあるし、
しょうがないっちゃあしょうがない、かと。


しかし、お宝を手に入れて上機嫌なのかどうかは定かではないけれども、
巻物を手に入れたあと、ディケイドが牛鬼に苦戦している間に、再びアスムの元に。


海東「ヒビキって人はこうも言ってた。
正しい心で鬼の力を制御できるなら、鬼となって俺を倒せ、って。」
アスム「ぼくがヒビキさんを?そんなの…、できるわけないじゃないですか!」

海東「それでいいんじゃない?
その優しさがあれば、鬼に心を奪われることはないってさ。
受け継ぐのは鬼の力だけじゃない。ヒビキって人の魂を受け継ぐことなんだ。」

…ありま。なんてこったい。
いくら士がアスムたちに深くかかわらなかったとはいえ、
海東さんにスーパーお前が言うなタイムを奪われるとは。
おいおい米村、お前自分が最初に登場させたキャラのイメージをも忘れたんか、
と思うさま罵倒してやろうかと思いましたが…、

士「海東!俺のセリフを盗ったな!
海東「言っとくけど、僕は君よりもずっと前から、
通りすがりの仮面ライダーだ!覚えておけ!

…なるほど、そう来たか
こういう使い方をされてしまうと、セリフを書いたのが米村だったとしても納得せざるを得ない。
この時点でアスムの葛藤とかその他がどうでもよくなってしまいました。

いろいろと卑怯だろこの流れ。不覚にも噴いちまったじゃねぇか。


よく見ると腰にセットしたディスクアニマルの数が増えてます筆演出
そして、ヒビキの魂を受け継ぎ、二代目響鬼となったアスム。
キバや電王よろしく、子供が変身しても大人サイズまででっかくなるのはいつもどおり。


ディケイドやディエンドの助けもあり、猛火怒涛の型でキメ。

感動的な場面なんだけどシュール
死の淵、牛鬼のくまどりにうっすらと浮かぶヒビキさんの顔。
言葉は用いず、変身音叉をアスムに渡し、響鬼の後を継がせたヒビキ。

オリジナルでは高寺プロデューサーの意向によって実現せず、
後半の制作スタッフの変更でいつの間にか忘れ去られてしまった、
ヒビキの後を継ぐアスム」の図を、渋く感動的に仕上げてきました。
うるっ、とは来ませんでしたが、印象深く、心にじんとくるシーンだったように思います。


が、それも、

お前鬼に変身するんちゃうんか
おのれディケイドォー!このバケガニで始末してくれるゥーッ!
バケガニに乗ってやってきた鳴滝変態の登場ですべて台無し。

もうちょい出てくる場を考えてください変態。
先ほどまでの感動がすべて台無しに。
思うさま爆笑したけれども。

そして、ここからが響鬼編最大の見せ場。


玩具版は最高に残念な出来でしたが
「ファイナルフォームライド」「ヒヒヒヒビキ」
FFRでヒビキアカネタカとなったアスムがバケガニをひっくり返し、

響鬼序盤でよくあった光景
「ファイナルアタックライド」「ヒヒヒヒビキ」
第二形態「ヒビキオンゲキコ」となった響鬼をカニの腹部に装着。
オンゲキボウレッカァを装備したディケイドがカニに清めの音を浴びせ、

駆け付けたトドロキとアキラが音撃弦と音撃菅で清めの音を浴びせ、
彼らの師匠であるザンキとイブキも同様の武具で清めの音を…、
そしてディエンドもオンゲキボウレッカァで清めの音を。

これは確かに本編で見たかった
ディケイドにしろディエンドにしろ浮いてんなぁ
その結果がこれだよ!

…おぉ!なんという一大セッション
三つの音撃が一つの曲となって周囲に響き渡るその光景は、
多くの響鬼ファンが本編で渇望してやまなかった場面。
それゆえに、また先のアスムとヒビキの世代交代の一幕もあってか、
この一大セッションの場面は非常に評価が高かったみたいです。

鬼その他一同集結
まぁ、「響鬼」といえば鬼たちの共闘が肝でしたしね、
こういうシーンはあってしかるべきだったんじゃないかと。

ただ惜しむらむは、このセッションで倒された魔化魍が、
響鬼本編でたびたび登場し、強いイメージがあまりないバケガニだったこと。
…もっとこう、アレンジとかして強化すりゃあいいのに、ただのカニってどういうこったよ。

割愛。

師と弟子
カードがぜんぶそろったよ!
ついに全ての世界を回り終え、9つ全ての世界を救った士一行。
世界は平和になったものの、士のいるべき場所はどこにもなかった。


世界が平和になったことを記念し、みんなで記念撮影をしようとするが、
写真館の背景ロールに新たな絵が。

一番わかりやすい場面だよね
君はこの場面を覚えているだろうか!
ミラーモンスターや魔化魍によって吹き飛ぶ寸前に時が止まり、
紅渡が「もう少しだけ生きながらえさせておきます」と言ったあの場面!

士の世界かどうかは定かではないが、確かなことはただ一つ。
次の旅の行く先は、夏みかんの世界…はじまりの世界だということ。


さぁ、いよいよ仮面ライダーディケイド第二章、
士や夏みかんや栄次郎さんやキバーラさんや鳴滝変態など、
レギュラーメンバーの謎が明らかになるであろう残り11話、
これでwktkせずに何でwktkするというのか!

…いや、楽しみは人それぞれ、ではありますけれども。


次回。

俺たちの親父がかえってきたぞ!


まぁ平然とダキバに変身している以上、本物とは設定が違うんでしょうけど
紅音也。えらーい人だ。」


ディケイド第二章はこれまでの「リ・イマジネーション」とはその様相をがらりと変え、
しょっぱなから「キバ」本編で大人気だった渡の父、
紅音也が!
オリキャスで!
ダークキバを(っていうかキバットバット二世)持って!
堂々出演!

脚本があの「井上敏樹」氏ということで、
ホンの出来に不安がる視聴者が数多く存在していたのですが、
あの親父をオリキャスで出す以上、井上先生以外にアレをうまく動かせるとは思えないし、
個人的には井上氏の起用には賛成なんですけどね。
ただ、9つの世界を回り終え、そろそろパワーアップの季節だってのに、
そこに井上氏を配置すると、
「宅配便で送られてくる」
「何の脈絡もなく天井から落ちてくる」

…的な展開で強化アイテムを入手しそうなのが怖いだけで。

この揃い踏みはかっこいいよね
ダークカブト、オーガ、そして変態鳴滝お気に入りのリュウガと、
主人公の影、ネガとなる三強ライダーの登場に、
ネガ世界」という謎の単語。

さぁて、一体どうなってしまうのやら。




いやはや、響鬼編。「脚本:米村」のせいで不安でしたが、
予想を大きく上回って、かなり良い出来だったように思います。
響鬼ファンが本編で見たかった要素がふんだんに盛り込まれ、
その上ヒビキとアスム以外はオリジナルキャスト。
なんだかんだ言ってあの電王編なんかよりも優遇されてますよね響鬼編。

もうね、9つの世界の中で、自分の中では面白さの三強の中に文句なしで入りました。

(残りの二つは、
最初かつ、感動できる出来だったクウガ編
クロックアップVSアクセルフォーム対決はもとより、ソウジとマユの兄弟の絆を描いたカブト編

さてはて、今後の世界での士の旅は、これらの世界よりも面白い出来になるのでしょうか。
今からワクワクが止まらないから困る。


19話バトルセレクション

・アバンタイトル


・牛鬼VS二代目響鬼(アスム)


・音撃戦士一大セッション



用語解説

バケガニ
「響鬼」で頻繁に登場してた巨大なカニの魔化魍。
硬い甲羅に覆われていたため、本来ザンキやトドロキのような、
武器を魔化魍に直接突き刺す「音撃弦」の使い手が倒すものだったが、
気がついたら全国区でうじゃうじゃ現れ、
メインの鬼全てにまんべんなく倒されていた魔化魍。
ただ、それでもザンキさんに現役引退を余儀なくさせるほどのダメージを与えたわけだし、
そこまで弱いわけでもないらしい。

紅 音也
「仮面ライダーキバ」における過去編(1986年)の主人公。
バイオリンの製造・演奏において100年に一度とも称される天才だが、
飲食や買い物の代金をバイオリンの演奏で支払うと言ったり、
「俺は全ての女の小指と赤い糸で繋がっている」と豪語するほどの女たらしで、
破天荒で豪放磊落、心からの自由人である。
しかし、音楽を馬鹿にする輩や、自身の大切な物を守る時は全身全霊をかけて戦い、
また折にふれて数々の格言を口にする憎めない男でもある。

「全ての指が赤い糸で繋がっている女」麻生ゆりを守るため
(一方的に)ファンガイアとの戦いに身を投じ、
後に完成したばかりのイクサシステムを与えられ、
仮面ライダーイクサとして多くのファンガイアを殲滅する。

数々の苦難を乗り越えてゆりと結ばれるかと思いきや、
後に出会ったファンガイアのクイーン、真夜と恋に落ち、
「最高のバイオリンを作る」という名目で不倫。
結局彼女と結ばれることになり、そうして生まれた子供が現代編の主人公「紅 渡」である。
(ちなみにゆりはその後知らないところで正体不明のファンガイアに殺害された)

性格的にはいろいろと問題があるものの、その軟派でお馬鹿なキャラクター性は、
なかなか本筋が進まない現代編に飽き飽きしていた視聴者を引きつける牽引役を果たした。


井上敏樹

電王以外の平成ライダー作品の脚本全てに大なり小なり関わった(担当した)男。
アギト、555、キバではメインライターとしてほとんどの脚本を執筆(”555”は劇場版を含め全話執筆)
執筆スピードが速く、製作が遅遅とした時に呼ばれる「助っ人」の異名を持つ。

執筆した脚本はシリーズ合わせて200話を超え、
「だらしのない、やる気のない、その他所謂”ヒーローらしくないヒーロー”が主役になる」
「主人公の周囲には嫌味な奴がだいたいそばにいる」
「自分の利のために他人を騙し、犠牲にするライダーやその他人物」
「何かの要因でヒーローとして戦うアイデンディティーを失い、それを取り戻し、劇的に復活する展開」
「電話で助けを求めたら、次の場面ですでにそこにヒーローがやってきている」
「川に落ちる=勝利(と落とした相手が確信する)」
「↑が、次週で普通に復活する」
「2~3週に確実に一回以上ある謎の食事シーン」


など、アギト以降の平成ライダー作品で頻出するパターンを確立させた人物として有名。
人間模様や人物描写を複雑に書くことが特徴であり、分かりにくかったり、
子供向け作品らしからぬ描写や人物の最期が多く、
その手をものを嫌うか好意的に受け取るかで、評価がばっさりと分かれている。

その作風ゆえ信者やアンチが多く、脚本家議論の場等で下手に彼の話題を振ると、
そのどちらかの派閥の人が激しく反論してくるので、
その手の議論で白熱している場にはあまり持ち込まない方が良いと思われる。



その他の話題。

2chのディケイド板で何者かが「けいおん!」の話題を振ったせいで、
また、響鬼の世界で「楽器、合奏繋がり」、
そして何より19話で「合奏シーン」があったことから、
一時的にディケイド本スレとけいおんスレが一つになる現象がありました。

『仮面ライダーディケイド』本スレに『けいおん!』本スレ誘導誤爆で、2つの世界が1つに
すべてのはじまり。

仮面ライダー継音
↑「継音」という名前がシュールかつ無駄にマッチしてるから困る。

けいおん!スレ住民からは比較的好意的に受け入れられてましたが、
特撮板の住人はアニメネタを嫌っている人が多く、
容認半分否定半分で少々寂しく思いました。


あと、そこで拾ったコラ画像をいくつか。

もちろん演奏曲は「ふわふわ時間」
・なんという音撃。


・まちがっちゃあいない。
スポンサーサイト
総もくじ  3kaku_s_L.png Journey through the Decade Re-mix
総もくじ  3kaku_s_L.png これから観に行く上で全く役に立たない映画レビュー
もくじ  3kaku_s_L.png 観た映画の感想
もくじ  3kaku_s_L.png 自作のアレな絵
もくじ  3kaku_s_L.png わかめ新聞雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【コマンドーがお好き?ではますます好きになりますよ】へ
  • 【6月 8日 かろうじて絵だけ塗れたんよ】へ

~ Comment ~

 

米村さんは話に絡まないけど他作品のライダー出すのが好きでしたね。

剣の轟鬼といい今回の王蛇といい…。

 

>コロさん
もう少し話に絡むやり方したっていい気がするんですけどね。
それでも響鬼編には熱狂的なファンが多数いるせいか、
だいぶ抑えめに抑えめにやってるようで少しだけ見直しました、米村。

王蛇に関しては、一大セッションが出る最中、
ユウスケあたりと戦ってたら、そっちの方に興味が行きがちになりそう、
という配慮だったんじゃないかなーと思うのですが、どうでしょう。

NoTitle 

なんとなくよかった気がする
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【コマンドーがお好き?ではますます好きになりますよ】へ
  • 【6月 8日 かろうじて絵だけ塗れたんよ】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。