スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←エースは給料もエース級だぜ(ディケイド感想08) →ディケイド特別編・「東映版実写テニスの王子様」(ディケイド感想10)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


総もくじ  3kaku_s_L.png Journey through the Decade Re-mix
総もくじ  3kaku_s_L.png これから観に行く上で全く役に立たない映画レビュー
もくじ  3kaku_s_L.png 観た映画の感想
もくじ  3kaku_s_L.png 自作のアレな絵
もくじ  3kaku_s_L.png わかめ新聞雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【エースは給料もエース級だぜ(ディケイド感想08)】へ
  • 【ディケイド特別編・「東映版実写テニスの王子様」(ディケイド感想10)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

仮面ライダーディケイド感想

なんでユウスケはクウガに変身せぇへんの?(ディケイド感想09)

 ←エースは給料もエース級だぜ(ディケイド感想08) →ディケイド特別編・「東映版実写テニスの王子様」(ディケイド感想10)
なんかもう…中だるみ、とか言いたかないけれども、消化不良すぎてつまらなくなってきました。
いや、まぁ、その。予想していたことではあったんですけれどもね、米村だし

余談。
ルパン三世VS名探偵コナン」を見ました。
いやね、こんなコラボを考えたやつの気がしれない、正気の沙汰たぁ思えない、
…そう思いながらTVの前で待機してたんですけどね、
予想以上に普通に楽しかったから困る。
ルパンSPのいつもの悪い癖の「タレントの声優登用」もなく、
かつ出演声優の質も割に良かったし、
出し惜しみし、いいところでのとっつぁんの登場に、コナンと次元の異例のコラボ、
終盤のルパンが変装した小五郎のおっちゃんにコナンが声を当てるところとか。
声優・神谷明氏の声優としてのキャリアも相まって、もはや笑うしかなかったですアレ。

コナンサイドもクロスオーバーともなると寛容になるんだねいや、この人はそっくりさんだけんど

あと不二子のみならず蘭ねえちゃんのお色気しry


GOEMONさんの出番が一分にも満たなかったり、演出的にお寒いところも多々あれど、
ネタ的にも、一応一作品としても割と面白かったです、今回。
これがクロスオーバーマジックってやつか…くやしい!


まぁ、それは置いといて、今週分の感想をば。

<ディケイド感想>



第9話「ブレイドブレード

~あらすじ~

謎のライダー・カリスの介入により、カズマはブレイバックルをカリスに奪われてしまう。
バックルを奪ったカリスはディケイドを敵と見なし襲いかかるが、
突如現れた謎のライダー・轟鬼の介入で戦闘は中断となった。

アンデッドの撃破の功績を称えられた士は特別ボーナスの支給と共に、
経営悪化の一途を辿る社員食堂の改善を社長に命ぜられた。
その一方で、戦いの最中カリスにバックルを奪われたサクヤは降格。
代わりにムツキがエースチームの隊長となってしまう。

バックルを持ち逃げした上、カリスにそれを奪われたカズマは正式に解雇させられてしまう。
ヤケになって会社を出て行こうとするカズマだったが、ユウスケの必死の説得と、
士の言葉を都合よく解釈したことで踏みとどまり、社員食堂のアルバイト職員として再起を誓うこととなった。

一方、バックルを取り戻すために動いていたムツキとサクヤの前に、再びカリスが襲いかかる。
レンゲルに変身したムツキはカリスに一太刀浴びせることには成功したものの、バックルを奪われてしまった。
ダメージで変身を解除したカリス。そこに立っていたのは―――


冒頭。

漢と書いてバカと書く男・轟鬼三十五之巻辺りからどんどんただのバカになってったよなぁトドロキさんは
戦闘なんてくだらねぇぜ!俺の歌を聞けェーーーーッ!
とでも言いたげな轟鬼さんのライブ。
…いやはや、本当に何がしたかったんだか。

ケツ歪みねぇ
※彼の「音撃斬・雷電激震」には爆発の効果は付加されておりません。



で、剣本篇の橘さんに負けず劣らずアレだったサクヤ先輩。
武器のギャレンラウザーも吹っ飛ばされ、なすすべもなくベルトを奪われてしまったぞ!
作劇上仕方ないとはいえ、もう少し彼に見せ場を作ってやったってよかったんじゃ…。



前回のエレファントアンデッドに加え、
カプリコーンアンデッドの撃破に成功した士は、社長からボーナスを得られることに。

3000円じゃCLANNADの公式設定資料集も買えねぇよ
しかしそのボーナスは三千円。
あまりの額の少なさに怒りをあらわにする士だったが、
社長は「社員食堂を改善すれば更なる賞与を用意する」、と。
…なんでこんな金の亡者になってんのあんた。



ブレイバックルの不許可持ち出しを行ったカズマは解雇。
ヤケになったカズマは社から出ていこうとするが、そこには士が。

荒れに荒れるカズマに対し、士は傷口に塩を塗るがごとく、
無地のカードに勝手に「0」と書き込む。
プライドを激しく傷つけられたカズマは激昂するが、ユウスケが介入し仲裁を行うことに。

”ゼロから~”発言は、クウガOPの歌詞からきているのでしょうか
ユウスケ「あんたはすべてを失った!だからゼロからやりなおせってことだよ!
そうだよな!?士ッ!」
落ちに落ち、荒らむカズマを士の破天荒な行動を好意的に解釈して説得するユウスケ。
しかし、士はというと…。

もうやだこのチーフ

士「あ、あぁ…そう、だな。部下のためを思えば~…ときには冷たく突き放すことも大切だ。」

何も考えていませんでした。
見てくださいこのしょうゆ顔。見ていて腹が立つぜ!
ってかさ、そういうことは自分じゃ言いませんよね、こういう場面の場合なら特に。
今週の士は本当にひどい。



こういうどうでもいいことに力を使う姿勢は大好きよ
ボーナスに目のくらんだ士は、収入の上がらない社員食堂の改革を開始。
階級ごとの食事を廃止し、みな一定額のエースランチを食べられるように、
また、店の中にメイドやらホストやらを配置して店の中もイメージも変化。

やったね!
お前ら喜べ、夏みかんのメイドタイムだ。
こういうところでしか褒めるところがないというのも悲しいですが
…え?ユウスケ?どうでもいry

ぼくたちのダディがこんな格下になり下がるなんて
バックルを奪われ、エースから3まで格下げになったサクヤ先輩は、
逆に昇格し、エースになったムツキの下でバックルを奪い返そうとカリスを追っていた。

…もうね、ムツキがどこまでもクズ野郎で悲しくなってきましたよ。
●カズマに命を救われる

●そのおかげで昇格したのにもかかわらず、降格したカズマをバカにする

●カリスの襲撃の際、ギャレンを盾にしたことで追撃を見逃してもらう

●それでさらに昇格したら、格下のサクヤ先輩を…

実力主義の、社会という名の生存競争を見せるとはいえ、
ここまで露骨に嫌な奴にする意味が分かりません。
ムツキの中の人もこんな演技ばかりでかわいそうです(><)

…そういや、剣本編で睦月を演じていた方も、
正義の仮面ライダーを演じたかったのに、
終盤になるまでずっと悪い奴のままだった

と嘆いていたっけなぁ。んなとこを再現せんでもいいじゃないですか。

徒歩でやってくるハートのライダーさんかわいい
わざわざアンデッドサーチャーで索敵していたのにも関わらず、
背後20m程度まで近づかないと気付かないアホ二人に笑った。
…剣本編に登場するカリスならアンデッドサーチャーに反応するんですが、
その辺は後述。

ムツキ\ざまぁww/
この人のブログがすごいことなってるんですが・・・
戦いの末カリスにベルトを奪われたムツキだったが、ダメージを与えることに成功。
変身を解除し、そこにいたのは、なんと四条ハジメ社長!
な、なんだってー(棒読)
事前に何らかの情報で彼の名前が「ハジメ」であることを知っていた視聴者からすれば、
剣編が始まる以前からすでに分かり切っていた事実ではあったんですけれども。

もうほんと見どころはこのメイドぐらいしかないと思うんだ今週
一方、士の起こした社員食堂革命は大成功。
収益は以前の10倍ほどまで跳ね上がることに。

だがその時、社内アナウンスで「ムツキとサクヤ先輩が依願退職した」との報が。
口では自分を馬鹿にした二人を「ざまぁみろ」と一蹴するカズマだったが、
ユウスケの説得と、士の口から出まかせで自分の本意に気づいたカズマは、
ユウスケと共にハジメ社長が向かったという理事長の研究室に乗り込むことに。

なまこなんて適当に言いやがって、どうせ後で使わないんだろ?
そんな中、知らないうちに社員食堂にやってきた謎の男。
この世界に目ぼしいものはもうないかな」
「ってか君、まだ食べられないの?なーまーこ。…つかさ。」
…と、明らかにこの世界の人間ではないこの青年。果たして、いったい、何なのか。

ネタバレを見ている人にはry


鎌田さん出番少ないよ鎌田さん
所変わって、理事長の研究室。

社長「理事長。レンゲルのベルトです。」
鎌田「これで、全てのライダーシステムが揃ったな。」

なんと、この世界では理事長として君臨し、BOARDを掌握していた鎌田。
社長と結託して何をしているかと思えば…、

先輩の空気っぷりは異常ハハハ、ザマry

ベルト奪取のついでに捕獲されたサクヤ先輩とムツキ。
物々しい機械の隣に置かれた四つのバックル。


社長「エースに封印されたアンデッドの細胞と、
人間の細胞とを組み合わせた究極の改造実験だ。」
鎌田「それが…バトルファイト最強のアンデッド、ジョーカーを生み出す。」

エエェェエエエ( ´д`)エェエエエエ
そんな、あんた…。ジョーカーを養殖するなんて…無理だろ、常識的に考えて。


しかし完成。
まさか…そんな!やっつけにもほどがあるよこの展開。
まぁ、確かにジョーカーの出現は、この世界を揺るがす脅威であることは理解できます。
わざわざそんなものを作り出すんだから、それ相応のでっかい理由があるんだろうね!


で、研究室に乗り込んだカズマとユウスケを襲う鎌田と社長。
龍騎世界のように、
・裁判に登録されていないから
・タイムベントの影響を受け、何が起こったのかを知らない

という足かせがないというのに、変身せずただやられるだけのユウスケ。
時間がないのは分かってる。分かってるんだけど…、
せっかく「変身できる啓太郎や虎太郎のポジション」のキャラとして設定したんなら、
ある程度かませになることを考慮した上ででも
クウガとして鎌田と戦わせるべきじゃないんか。
何のためについてきたんだよこの人。

少し話は戻り、ハジメ社長がジョーカーを作り出した理由のおはなし。

正論、なんだけど…
社長「アンデッドの脅威がなくなれば、我が社の存在意義はなくなる。
国からの予算を得るためには、さらなるアンデッドの脅威が必要なのだよ!

んだよ…期待させといて、結局はマッチポンプがやりたいだけなのか社長。
いや、確かに。これは大変重要な問題なのでしょう。
社長とて、(すぐに切り捨てるけど)多くの社員を抱える経営者であるわけだし、
多数の社員を支える義務を持っているからこその話。

ただ、それが誰でも予想し得る答えだったことと、
いくらなんでもジョーカーはねぇだろうよ」という話。
…副業ぐらい考えておけばいいのに。

カリスまでもがライダーシステムに

カリスが人工のライダーシステムになったことも驚きですが、
それ以上に噴いたのはカードをラウズしたときの「ジョー↑カー↓」というアレな声。
本編にそんなものはなかったのは分かるけどさ、もっと気合いをだねry


こう来ましたか
そこに現れる、龍騎にカメンライドした士。
カードをまったく使わない代わりに、龍騎ライダースの特権である、
ミラーワールドの中に入れる」能力を駆使し、
(おそらくユウスケを倒して来たのであろう)鎌田とジョーカーを翻弄。

…うん、この使い方は上手いな、と思いました。思いましたけど…。
龍騎にカメンライドしてんだったら、カード使って戦えや、と。

これほどまでに燃えない共闘も久々
士「少なくともこの男が働くのは、金のためでも、ランクを上げるためでも、
まして、社員同士の生存競争で仲間を蹴落とすことでもねぇ!」
社長「では、何だ!」
士「”進化”だ。失敗しても成功しても、
共に戦う仲間を励まし、助け合い、一緒に進化していく。
――そのために働いているんだッ!」

今週のスーパーお前が言うなタイム。
…いやね、今回は士がその世界の主要ライダーと直にかかわっているので、
このセリフにも重みが出る、はずだったのですが、
こうしてご高説を垂れるこの方がまず「給料のために戦っていた」ため、
何一つ心に響かず、ただ通過儀礼的に話している風にしか伝わらないのが痛い。

ついでに言うと、この後の社長の「貴様、何者だ!」のセリフの入りが余りにも不自然。
これだから米村脚本は…。


ブレイドブレードまとめ
「ファイナルフォームライド」「ブブブブレイド」

ダブル変身後、何一つ苦戦することなく、FFRタイムに突入。
フルCGによるブレイドブレードの攻撃はダイナミックで面白いと思う反面、

鎌田のご冥福を…祈りたく、ない…。生きていてほしかった
たった二撃で鎌田&ジョーカーが倒されてしまう
という結果がどうしても納得できない。

ある程度ネタ的な観点で見ていることは否定しませんが、
それにしたって、前回ラストであれほど大物臭を匂わせといて、
結局今回は一言二言程度のセリフしかなく退場する、というのがどうしても納得できない。

あの鎌田が最後の一匹だとは思えない。
いつか第二、第三の鎌田が別の世界に―――


少し割愛。
やっぱ動かへんのかキバーラ
結局救ったのは食堂だけってのはどうなのよ
ジョーカーと鎌田を倒したことで、強引に世界を救ったことにした士。

…ぶっちゃけ、救ったのはこの世界じゃなくて食堂だけですよね今回。
あまりの酷さに思わず目を背けたくなったのはおそらく自分だけじゃないはず。


そして、次の世界へ。

象徴イラストバジンさんですか
株式会社SMART BLAINを象徴するあの青き蝶に、
一話のカメンライド戦闘中に登場したあの可変式バイク・オートバジン
物語は平成ライダーきってのメカニカルライダー、「555」の世界へ。

なんか違う。何が違うって説明しにくいんだけど
…いや、さぁ。確かに一発で555の世界だって分かる。分かるけど…、
あのうんこ座りをここに持ってこなくたって……。
(※キック、クリムゾンスマッシュを放つ前の独特のポーズなのです。)


次回。


全体の3分の1が過ぎた10話で満を持して投入される、
二号ライダー・ディエンド/海東 大樹

闇夜に浮かぶ深紅のライン
555の世界の方はというと、本編で大企業だった「スマートブレイン」が、
学園になってしまうという大冒険を冒してました。

予告を見る限り、士、大樹、555の装着者による
555のベルトの奪い合い」がクローズアップされる模様。
新キャラのキャラ立てもしなきゃいけないというのに、
555の世界でもここまで奇抜にやっちゃって、きちんとまとまるのでしょうか。
今週分がつまらなかったから余計に不安になるんだ、俺。


…いやぁ、さぁ。脚本が米村になる時点で「つまらなく」なることは予想していたんですよ。
でも、でもね。

・ムツキが終始、ただ「嫌な奴」なだけだった
・サクヤ先輩が空気
・↑結果、ジョーカーの生贄にされて放置、退場
・クウガに変身すべきところで変身しないユウスケ

・龍騎編で思わせぶりに前振りしていたのにもかかわらず、
終盤、その他大勢の怪人のような扱いで消滅させられた鎌田

・結果として救われたのは世界というより社員食堂

・終始口が悪く、かつ何も考えていない金の亡者だった士

・それでいて進化だのなんだのとのたまう士


…ここまで適当にやってのけるなんて、最悪ですね。
上四つは時間の都合もあったし、しょうがないとは思いますが、
下四つはちょっとフォローのしようがない。
こんなんでよく「この世界でやるべきことは終わった」なんて言えたもんだ。
米村を早くライダー脚本から排斥しろよ東映。ヘルプでも出すな。

◎9話バトルセレクション

・轟鬼さんライブ


・ディケイド&ブレイドVSパラドキサアンデッド&ジョーカー



…なんか鎌田があっさりと死んだのが納得できないので、
適当に拾いもののコラ画像を貼って気を紛らわそうと思う。


鎌田スマイル
・これが公式サイトの写真館に載ってもいいんじゃないかな。

Gacktも使える鎌田カッター
・歪みねぇおもちゃ。たぶん元ネタはワイルドカリスの武器。

シュール
・認めたくはないが、おそらくは…。

てれびくん恒例の新ライダー紹介コラ
・無駄に神々しい。



◎用語解説

仮面ライダー555(ファイズ)

平たく言えば、
仲間を殖やし、世界の覇権を握ろうとする、人類の進化形たる怪物・オルフェノクと、
そのオルフェノクを倒す力を持つ三本のベルトを手にした者たちとの戦いの物語
」。
+ギスギスした人間関係、味方同士で騙したり騙されたりが横行する群像劇。

当時(2003年時)、一般層のみならず幼年層にも浸透し始めていた携帯電話を、
本格的に変身ツールとして導入したことと、
ある資格を有してさえいれば、誰でもライダーになれる
という設定を絡めたことが功を奏し、
変身ツールであるファイズドライバーその他は、
年間100万本のセールスを記録するほどのヒット商品となった。
(その人気たるや、本来子ども向けであるライダーベルトを、
後に”大人向け”のものまで限定受注生産で販売するほど。)
このため、本編では主人公サイドだけでなく、までもがライダーに変身し、
敵味方入り乱れての”変身ベルトの奪い合い”という要素もクローズアップされた。

CG技術の向上により実現した美麗な映像、
かつ、各種ハイテクツールを駆使することにより実現した
スタイリッシュなライダーアクション、
ライダーに変身する人間が悪意を持ったものがいる一方、
逆に敵であるオルフェノクの中に善意を持って相反する者がいたりと、
全体的に善悪というもの自体が曖昧で、
単にお子様向け特撮の枠にとどまらない重厚なストーリーで、
数多くの年代のファンに支持される特撮作品となった。

その一方で、後のライダーシリーズでたびたび問題視される、
「危機に陥ったかと思ったら、次回のアバンタイトルでOPに入る前に戦闘中断」
「ライダーや怪人がよく川に落ち、戦闘中断」
「至極どうでもいい理由でライダー同士が仲間割れを始める」
「ちょっとした刺激でベルトが外れて変身解除」

などのアレな行為が、過去・その後の作品と比較しても多く散見された作品でもあった。
スポンサーサイト
総もくじ  3kaku_s_L.png Journey through the Decade Re-mix
総もくじ  3kaku_s_L.png これから観に行く上で全く役に立たない映画レビュー
もくじ  3kaku_s_L.png 観た映画の感想
もくじ  3kaku_s_L.png 自作のアレな絵
もくじ  3kaku_s_L.png わかめ新聞雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【エースは給料もエース級だぜ(ディケイド感想08)】へ
  • 【ディケイド特別編・「東映版実写テニスの王子様」(ディケイド感想10)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【エースは給料もエース級だぜ(ディケイド感想08)】へ
  • 【ディケイド特別編・「東映版実写テニスの王子様」(ディケイド感想10)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。