スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←2月 19日 親の心子知らず →2月 27日 長髪大怪獣ゲハラには正直がっかりです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


総もくじ  3kaku_s_L.png Journey through the Decade Re-mix
総もくじ  3kaku_s_L.png これから観に行く上で全く役に立たない映画レビュー
もくじ  3kaku_s_L.png 観た映画の感想
もくじ  3kaku_s_L.png 自作のアレな絵
もくじ  3kaku_s_L.png わかめ新聞雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【2月 19日 親の心子知らず】へ
  • 【2月 27日 長髪大怪獣ゲハラには正直がっかりです】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

仮面ライダーディケイド感想

とても気色悪い黒幕(仮)(ディケイド感想 04)

 ←2月 19日 親の心子知らず →2月 27日 長髪大怪獣ゲハラには正直がっかりです
どうも。
実は一週間弱ほど前に既に旅行から帰ってきていたのですが、
いろいろあって更新が遅れてました。


…いや、いやッ、単にサボっていただけじゃないんですよ。
北海道で撮影した写真の編集とか、
CLANNADやディケイドの感想を書くためにいろんなとこから画像集めてきたりとか、
旅行中の撮りためアニメを視聴してたりとか、
食わず嫌いしていたけれども、「さすがにそろそろ見ておかないとマズいだろ」と思い、
仮面ライダー響鬼のDVDを借りて話を追ってたりとか、そういうことをしていましたので…。

…うん。後半はまぎれもないサボりだわ。弁明できねぇわ。



それはさておき。
とうとう本サイトの方が10000HITをしてしまったようですね。
自分が踏んだ時は「10001」だったので、ものすごく焦りましたとも。
…最近放置気味だからあんまり言えたことじゃないけれども、
スパム業者が踏んだとか言うのだけは勘弁してほしい。


(2/25 更新)

↑の件ですが、ちゃんと10000HITを踏んでくださった方が連絡をくださいました
今のところ、10000HIT用に何をするかは決まっていません。

<ディケイド感想>


・第4話「第二楽章・キバの王子

~あらすじ~

―――「キャッスルドラン。キバの世界か…。」

無事クウガの世界の崩壊を食い止めた士一行が次にやってきたのは、「キバの世界」。
人間を襲うはずのファンガイアが当たり前のよう人間と共に共存するこの世界で、
一体何をすべきなのか悩む士。

そんな中、ひょんなことから出会った少年・ワタル。
彼はファンガイアと人間のハーフで、この世界の王子だと言う。
以前のユウスケと同じく、ディケイドを「悪魔」と認識したキバはディケイドに戦いを挑むが―――



このセットはまだ残ってたのね明らかにビショップさんだけ浮いてるわ
キバーラ(の妙にエロっちぃ声)に連れられて、
ユウスケがたどり着いたのはキャッスルドランの内部。
王の側近として、3体のアームズモンスターに加え、
キバ本編では敵だった大ちゃんライオンファンガイア)(左端)やビショップさん(右端)の姿が。
…いや、まぁ。王の側近としてビショップさん以上に適任なキャラはいませんけど、
それにしたってなぜに大ちゃん。もっとふさわしいやつが………、
と、思ったけどいないなぁ、他には。
”キバーラ:沢城みゆき”だと!?許せ………る!
彼らの人間態は登場せず、声もかつてものとは違うようです(キバットを除き)。
まぁ、そっちの方は5月公開の劇場版「超・電王」に登場するようですが…。


そりゃあまぁホストっぽいけど
なつみかん「なんですか?そのホスト風の格好。」
  士    「他に言いようってもんがあるだろう…。」
クウガの世界で警察官だった士に、キバの世界の中で与えられた職業は、
作品的にとても端的かつ的を得たバイオリニスト。
本編を見ていると「音楽」を絡める必然性の薄かった第4話ですが、次回以降何かあるのかどうか。

相変わらずキモいなんで手に装備までしてるのにアレをやらないんですか
キバの渡に続くオリジナルキャストの糸矢さんだ。
光写真館を、消滅した「カフェ マルダムール」と勘違いして入ってきた糸矢さんだ。
軽快なステップに手に装備されたネズミのパペット…、何もかも懐かしい。
しかし、手にパペットを装備しているくせに「チューリッヒヒヒヒヒ」をやってくれないのはなぜなんだぜ?

変身するとさらにキモさが倍増するのも原作通り
人間たちが危ない!
※クリックで詳細が確認できます。
右:上半分・左:下半分

テンションの上がってきた糸矢さんはファンガイア態を披露。
敵襲と感じた士はすかさず変身しようとするが、そこで一枚のチラシが。
なんと、この世界ではファンガイア(この世界における怪人)と人間は、
手と手を取り合い、共存をしているとのこと。
…キバ本編で渡が望んでいた世界が実現されている、というわけで。

しかし、こういうチラシなどの、小道具が作り込まれた作品は大好きです。
よく無事だったなぁ、この会の参加者。


いーけないんだぁ、いけないんだぁなでなで
何はともあれ、幸せそうなチューリッヒが見られて何よりです

士となつみかんに襲われた糸矢は写真館から逃げ出し、幼稚園児の元に。
子どもを襲うのではないかと危惧した二人は今度こそ倒そうとするものの、
それどころか糸矢は子ども相手に泣きだし、
頭を撫でられ慰めてもらっているのではないか。
子どもたちの方もまったく怖がっている様子はなく、
逆に彼を襲おうとした士たちが悪いと言う。

…なんだろう、このシュールな絵づら。
頭を撫でられてうれしそうに糸矢さんがものすごくツボった。
いくら本編で恵やゆりに振り向いてもらえないからって(21)になるなんて…。


なんかこいつらが真面目に仕事をしているだけでものすごい違和感4話の時点では本筋に「音楽」が関わって来ないのですが
所変わって、この世界におけるキバの継承者・王子ワタルの話。
王の即位を断って逃げ出し古びた廃屋で、
これまた古びたバイオリンを弾き続けるワタル少年。


古びたバイオリンが奏でる不可思議な音を聞きつけた士は、
通りすがりに所持したバイオリンを弾き、その腕前を披露。

…キバ本編で頻繁に流されていた「渡」のテーマを軽々と弾くとは。
前回のグロンギ語に比べるとインパクトは薄いけれども、
どこまでハイスペックになり続ければ気が済むんだ士は。


真面目に仕事をしている大ちゃんはなんかイヤ
割愛。
騒ぎを聞きつけ大通りにやってきた士を待ち構えていたのは、
人間の女を襲うライオンファンガイアの姿。
「共存」を謳う中で人間を襲う姿が気に入らない士はディケイドに変身し、
今度はちゃんと天国に行けたのだろうか
 問 答 無 用  で  斬 殺 !
…大ちゃんうわぁああああああ!
クウガの世界でもそうでしたが、こうして元作品の幹部クラスのキャラを、
ディケイドがあっさりと倒すのはなんとも拭い切れない違和感と喪失感が。


キバットベルトがなんだか余り気味\王子!王子!/
そして、その事情を知ってか知らずか、何者か(たぶん鳴滝)から聞かされた、
「悪魔」ディケイドの登場に、キバとなって迎え撃つワタル。

…子どもが変身するんだから映像演出面で何かやってくれるかと思いきや、
キバ本編と同じ感覚で合成している手抜きぶりに違和感バリバリでした。


まさかの敵サイドレギュラー
キバーラ「ほーぅらね。
ユウスケってやつを連れてくれば、必ずディケイドも現れる。言ったとおりでしょ?

鳴滝「ディケイド…ここがお前の最後の場所だ。」

…まさかの敵サイドだったキバーラ。
4話冒頭でユウスケをキバの世界に連れてきたあたり、
彼女にも世界間移動能力があるのでしょうか。

そして鳴滝さんのセリフがなんというやられ役。


声がかわいい
なんでオッサン喜んでんのよ

「…かぁぷ。 ちゅうちゅう。」
4話最大の問題シーン。

…なんで指をちゅうちゅうされておっさん喜んでんのよ。
この画像だけ見るとただのキモい人ですよ鳴滝さん。

キバットがワタルを噛むことによってキバの鎧が発生するわけですから、
キバーラが指をちゅうちゅうすると鳴滝に何か力が入るのでしょうか。
それともただ、キバーラの食糧なのか。



ディケイドはクウガになってキバをむかえうつぞ!
ディケイドはクウガになってキバをむかえうつぞ!
クウガ・マイティフォームでは、キバ・ドッガフォームにはかてない!ドッガさん大丈夫かよ
剣には剣!キバ・ガルルフォームに対こうするためにクウガ・タイタンフォームに変身したディケイド!今度はクウガ・ドラゴンフォームでスピードしょうぶだ!!

4話最大の見せ場、同色フォームライダー同士のライダーバトル。
・キバ本編で消化不良のまま消えていった4フォームの復活
・同色・同能力のフォーム同士の戦い

これが再現されるだけでファンはもう大喜びですよ。
個人的には不遇の中の不遇だったバッシャーフォーム(緑のキバ)の復活、
タイタンのソードやドラゴンのロッドに変身させられたドッガさんがツボでした。
(※キバのフォームチェンジ、とりわけ武器は、
アームズモンスターがそのまま変化したものであるため)
後の場面でさらっと登場していましたが、よく無事だったなぁドッガさん。


何この高校の制服
そんな二人の戦いにユウスケが介入。
「ワタルの親衛隊」の一員となった彼は、ワタルが「助けが必要な存在」と判断し、
彼に笑顔を取り戻させるため、自らの意思で彼の元についたという。

さすがビショップさんは仕事が早いそりゃまぁ、喰う側と喰われる側の共存は難しいわな

そして、士が助けた女性は人間ではなくファンガイアではなく、
それどころか、人間を襲っていたのは大ちゃんではなく彼女だったという事実が。
なんとかわいそうな大ちゃん…
じゃあ何か?大ちゃんは死に損だったと言うことか!?
詳しい説明省いた大ちゃんも大ちゃんですが、後先考えずに殺っちゃった士も酷い。
八代刑事鼻血騒ぎに比べれば小さいですけれども、また厄介事起こしてんなぁ、彼。


もう何の違和感もない件
士 「どうしてお前ここにいるんだよ」
ユウスケ「だって俺、クウガだし。」
士 「答えになってねぇ!」
なんという五代雄介。クウガファンならこのセリフで「おぉっ!」と思ったはず。
しかし、前回から一気にいい人になってんなーユウスケ。


もはや作中唯一の良心
なんというデネブキャンディー
若干割愛。
王の即位を拒み、悩むワタルの前に現れたユウスケ。
悩み苦しむ彼に救いの手を差し伸べ、
お腹が空いただろうと、さりげなくアメを差し出すこの優しさ。
…うぅむ。なんという成長ぶり。かつての五代を思い出してグッときました。
しかし、「アメのプレゼント」というと、某電王のデネブの顔が頭に浮かぶのだが…。


ちいさい
キバーラまとめ
さらに割愛。士の前に現れたキバーラ。
お前の存在する理由、知りたくない?」と、キバのOPを彷彿とさせる一言をもらし、
彼を別世界へと飛ばす。

また彼の姿が拝めるとは思ってもみなかったぜ草加さんの芸術的な空中ポーズ


士「なぜ俺と戦う!」
カイザ「邪魔なんだよ…、俺の思い通りにならないものは全て!」

キバーラに連れてこられた世界で待ち構えていたのは、
「仮面ライダー555」でおなじみ、草加雅人(中の人が)こと、仮面ライダーカイザ
「嫌いな者を徹底的に攻撃するイヤなやつ」という(幼児向け雑誌の)紹介文にふさわしく、
変身前から士にカイザブレイガンをぶっ放す容赦のなさ。さすがは草加さんだ。

妖怪ぼたんむしり登場回と重なったせいで印象の薄いドガバキもはや説得力のかけらもない変形
そして次回。
キバ本編で一度しか使われなかった不遇のフォーム・ドガバキフォームの登場に加え、
クウガゴウラム以上にトンデモ変形を成し遂げたキバ。
カイザVSディケイドも気になるところですが、どうせ開始一分以内に決着が…。


◎4話バトルセレクション。

・ディケイドVSライオンファンガイア
ディケイドVSキバ


・ディケイドVSカイザ



(用語解説:

大ちゃん
「仮面ライダーキバ」に登場したファンガイア。
高位ファンガイア集団「チェックメイトフォー」の一員、ルークであり、
その強大な力で、キバの序~中盤の間、主人公たちにとっての脅威であり続けた。

あらかじめ時間と条件を設定し、時間内に条件を満たした人間を殺し、
成功すれば自分へのご褒美と称してスイーツを食し、
失敗すれば罰として電線から電流を浴びるという「タイムプレイ」を趣味で行う変人。
(※グロンギの”ゲゲル”と似通っているが、殺人の際に細かいルールを定めることはなく、
こちらは条件が”帽子の色、宝くじの当選有無”など、幼稚かつ大ざっぱであることが多い)

大ちゃん」の由来は、
彼の初登場時、記憶を失って渡に拾われた際、
便宜上の名前として彼が付けた「大ちゃん」という名前が、
上記の彼の奇異なキャラクター性と相まって、そのまま定着したことによる。
本来の名称は「ライオンファンガイア」だが、
一般的には大ちゃんルークと呼ばれることが多い。


ビショップさん
「仮面ライダーキバ」に登場したファンガイア。
上記の大ちゃんと同じく、チェックメイトフォーの一員。ビショップ。
妙にやつれた顔と、異常なほどの早口、
過去、現代のチェックメイトフォー・キングへの異常なまでの忠誠心が特徴的。

他のチェックメイトフォーの一員たちが、
・一人遊びにハマりすぎて
・ファンガイアの中で禁忌とされる人間を愛する行為に手を染め
・恋人にうつつを抜かして


…などという理由からあまり働かないため、
一員ごとに割り振られた仕事のほとんどを彼が担当し、
まったく報われることがないのに、献身的な働きぶりを見せ、
そのせいからか、登場するごとにやつれていく顔と声、
どんな扱いを受けても、キングに対する忠誠心を忘れないなどのキャラクター性からか、
キバ視聴者からわざわざ”さん”付けで呼ばれるほど慕われた人物。
正式名称「スワローティルファンガイア」。


草加雅人
「仮面ライダー555」に登場したキャラクター。仮面ライダーカイザのメイン装着者。
文部両道かつ、献身的でさわやかな青年に見えるが、
その実、自分を好きにならない人物は策を弄してでも自分の周りから排除しようとする危険人物でもある。
ヒロイン・園田真理を「自分の母親になってくれるかもしれない女」といい、
彼女が好意を抱く、主人公の乾巧や木場勇治を同士討ちにさせようとしたり、
彼女が彼ら二人を嫌うように仕向けたりと、
子供向け番組の味方サイドキャラクターにあるまじき行為を繰り返したうえ、
最期は自分が今まで変身していたカイザに首の骨を折られて死ぬという、
これまた子供向け番組にあるまじきラストを遂げたことで有名。
そのあまりに衝撃的なキャラクター性は視聴者のみならず、
演じた俳優の村上氏をも虜にし、毎年「9/13」を、カイザの変身コード9・1・3になぞらえ、
カイザの日として有志で祝うほどである。)
スポンサーサイト
総もくじ  3kaku_s_L.png Journey through the Decade Re-mix
総もくじ  3kaku_s_L.png これから観に行く上で全く役に立たない映画レビュー
もくじ  3kaku_s_L.png 観た映画の感想
もくじ  3kaku_s_L.png 自作のアレな絵
もくじ  3kaku_s_L.png わかめ新聞雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【2月 19日 親の心子知らず】へ
  • 【2月 27日 長髪大怪獣ゲハラには正直がっかりです】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【2月 19日 親の心子知らず】へ
  • 【2月 27日 長髪大怪獣ゲハラには正直がっかりです】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。