スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←休みの間中暇なので絵を描いた2008 →休暇宣言
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


総もくじ  3kaku_s_L.png Journey through the Decade Re-mix
総もくじ  3kaku_s_L.png これから観に行く上で全く役に立たない映画レビュー
もくじ  3kaku_s_L.png 観た映画の感想
もくじ  3kaku_s_L.png 自作のアレな絵
もくじ  3kaku_s_L.png わかめ新聞雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【休みの間中暇なので絵を描いた2008】へ
  • 【休暇宣言】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

わかめ新聞雑記

8月 5日 書き損ねたこと、いくつか

 ←休みの間中暇なので絵を描いた2008 →休暇宣言
どうもこんにちは。
ここのところ、帰省前の準備や台所の王者騒ぎでまともな更新が出来なかったので、
今までやろうとしていて出来なかったことを、帰省する前に全てやっておこうかと思いまして。

今回はCLANNADの総評だったり、その他話題の話だったり、ニコニコの話しかありません。

<CLANNAD感想>
やっと(っていうかもう一ヶ月近く前に)CLANNADを全クリしました。
っても、今回は全てクリアした上での総評になりますが。
前回と同じく、中途半端にネタバレに配慮しておりますので、気をつけているつもりですが、
もしかしたらネタバレのセリフを口走ってしまうかもしれません。
とりあえず、それっぽいセリフは伏字にしてはいますが。

では本題。

いやね、CLANNADは人生とか泣けるとか言われてたんで、最後の最後のラストがどうなるのか、
すごく気になっていたわけなのですが、
最後の最後で、「今まで集めた光の球が集まって(死ぬ運命にあった)渚が蘇生する」という、
ある意味想像の斜め上をいくラストでがっかりです。

いやね、「渚が蘇ってみんなハッピー」ってラストはキライじゃないんです。
でもまぁ、岡崎一家が和解して丸く収まり、娘・汐と共に、古河家の面々やその他ヒロイン達との心温まるやりとりの続いた
最初のAFTERのシナリオに比べると少々肩透かしを食らったと言いますか。
しかし、それよりも(個人的に)問題なのは、「渚が蘇生してからの一家の」風景がEDと共にスライドショーでしか語られないこと。
せっかく幸せになったんだから、幸せな日常のひとこまをほんの少しだけでも書き足してあげればよかったのでは、と思いました。

総合。確かにCLANNADは(人生かどうかはともかく)泣ける作品だったかと思います。
が、岡崎親子のシナリオ、っていうかAFTER一週目で完全燃焼してしまった感が強かったかなー、と思いました。
まぁ、途中経過が最高に面白かった作品ですから、それ以上の事を求めるのは酷なのかもしれませんけどね。

あと余談。全てプレイして始めて気づいたのですが、アニメのOP冒頭ってとんでもないネタバレだったんですね。
あれ、ラストの展開全てがあそこで語られてますやん、と。


・アニメCLANNAD感想。
7月にDVD最終巻を借りて早速視聴。
”なんぞこれ”と物議を醸している(とウワサされた)最終話と番外編、そしてDVD特典にあたる智代編を視聴。

・最終回
まぁ、可も不可もなく渚ルートの終盤を描いている、って感じでしょうか。
個人的には、本来なら出番のないサブキャラのみなさんも色んな所に登場していて満足だったのですが。
でもまぁ、あんまり原作どおりだと、逆に突っ込んで感想を書くことが難しくなるのも確か。
(違ってた部分なんて、他ヒロインを含むサブキャラが絡んでいたことと、告白のシーンが最後に持ってこられたぐらいなんだもの。)
とりあえず、「デート後、渚が床に臥せる」部分がなかったので、ここはそのままAFTER(二期)に持ち越しなのでしょうか。
となると、AFTERは冒頭から「渚が病に臥せって、それを見守りながら古河パンの手伝いをしている岡崎」のシーンから始まるんでしょうか。
なんだか最初っから暗いな。…いや、それはないか、やっぱり。

・番外編
最終回後よりももっと別の場所に入れるべきだったんじゃないか?これ。
ゲームにおける渚ルートで芽衣を呼ぶと入るシナリオをそのまんまアニメ化したようで。

とりあえずホモと化した岡崎とか、岡崎や渚のために頑張るなのはさん芽衣とか、芽衣とか芽衣とかが面白かった。
あと、作画の面で少々気になったのですが、この回の渚、妙に体型がふっくらしている気がry

・智代編
CLANNADにおける多元宇宙別世界の話。
30分でわかる智代ルート、ってなところでしょうか。
これでつながりが分からない部分は、本編の2~4話、16~18話さえ見れば、
おおむね智代ルートの全て(主にギャグ分)が分かるぐらい、本編との繋がりも強くて好印象。

tomoyo.jpgtomoyo5.jpg
tomoyo10.jpgtomoyo12.jpg

とにかくもう、「智代かわいいよ智代」としか言えないほど、智代が可愛い。
作画班が本気を出したのかどうかは定かではないのですが、アニメ本編に比べて本当に智代が可愛い。
そりゃあもう、こんだけ可愛けりゃ智代アフターだってできますよ。納得。

それと、この辺はかなり個人的な部分の話になりますが、
春原用のり弁」や就活春原(就職活動のために金髪を落とした春原)など、春原分もバッチリ。
まったく、こういう微妙なところで頑張ってくれるんだからすげぇよスタッフさんたちよ。…まぁ、どれだけの人が喜んだかは知りませんが。

ただ、ちょっと、ちょっとだけ欲を言えば、
最後のシーンでは、もしくはOPでは(別録で作ったやつで)「智代アフターのOP」を流してほしかったなぁ。
これは智代アフターではなく、CLANNADなんだからしょうがないと納得しつつも、どうしてもそれを期待してしまうですよ私。
(ちなみにOPを知っているだけで、筆者は智代アフターをプレイしてません。漫画とかを立ち読みしてあらすじを少し知っている程度です。)

<その他話題>

・電王
電王のDVD最終巻が出たと聞いて、「毎回電王のDVDには映像特典として未公開カットが収録されている。
となれば、最終巻には終盤の詰め込みすぎな展開を補完できるだけのでカットされたシーンがつくはずだ。
」と思い、
近くのビデオ屋で借りて視聴したんですよ。
そしたらね、44,45話のシーンは収録されているのに(主に尾崎と三浦のクリスマス会の風景。笑ったけど…。)、
肝心の最終回付近の部分はまったく収録されていないという事態に。なにやってんだよ東映。ふざけんなよ!

…と思いながら、適当にひまつぶしでニコニコでライダー系動画を見ていたんですが、そしたらある動画で、
「いよいよ仮面ライダー電王のDVD最終巻が発売だ!
平成ライダー初の”通常版・特別版の2タイプ仕様”で、特別版には”最終回付近(47~49話)でカットされたシーン”が収録されているぞ」
…との文字が。
んな馬鹿なと思い、下の市場からAmazonの電王の最終巻のページを見てみたんですよ。
参考

なんぞこれ。ここまでやるか東映。
…いやね、映像特典としてこれ以上のものはないとは僕も思います。(声優インタビューとかオーディオコメンタリーよりかは)
しかし、しかしね…。買わなきゃ本編ラストをキチンと理解できないのはどうなのよ。
あの詰め込みすぎラストを補完できるのなら、電王好きなら喉から手が出るほど欲しくなるのは必至。
…もしかしたらそれのためだけに電王の特別版を買ってしまうかもしれんよ俺も。キバがあまりにもつまらないしry

余談。これ↓がDVDになっても修正されてないのには笑った。

1200790502889.jpg

×「Climax Jump "Wing Form"」
○「”Double Action” Wing form」


・なのはさん
ぼくらのなのはさんが来春(だっけ?もっと遅い?)映画化するそうです。
参考

まだ魔法”少女”だった頃の)第1期のリメイクらしいので、僕みたいに「少し頭冷やそうか」程度しか知識のない人にも親切な作品になるそうで。
このなのはさんの画像を見ていて、「(まだ本当に魔法少女の時代なのに)なんだか見ててあまり違和感がないなぁ、この服装。」
と思っていたのですが、情報ソースの雑誌を立ち読みして驚き、
このなのはさん、3期のものを念頭に置きつつ、服装に若干のマイナーチェンジを施してあるとのことで。
筆者は(なのはさんの魅力の大半が”頭冷やそうかのネタ”がにあるゆえ)ぶっちぎりで19歳のなのはさん派ですが、
「やっぱこれもいいよね!」と思ってしまえるから不思議。

…とはいえ、さすがになのはさんの映画を一人で観にいくにはかーなーり抵抗あり。
誰か一緒に観にいってくれる奇特な方はいないものかねぇ。…いないか。

…いや、やっぱやめとく。

とりあえず、なのはさん映画化と聞いて、久しぶりになのはさんを描きました。
nanoha-san3.jpg
帰省ギリギリで描いたので時間的余裕がなく、
色々と粗いのですが、元々ラクガキをスキャナして作ったものなので、
微妙な部分は優しくスルーしてくださるとありがたいです。


<ニコニコ動画>

ちょうどこの時期、ヤンデレとMADアイマスプロデューサーネタばかり見ていたので、
今回はそれ系ばかりです。

・MADアイマスプロデューサー

みwikiの衝撃参戦。
「ゆっくり氏ね」はねぇよ「ゆっくり氏ね」は。


もはや高木社長はただの犯罪者。


あのヤンデレがプロデューサーに立候補。
逃げてー!美希逃げてー!

・ブロリーP系
おそらくMADアイマスプロデューサーの中で最も有名であろうブロリーP。
その中で特に秀逸(個人的主観)だったものを紹介(しなければオレはこの☆を破壊しつくすだけdry


例に倣って基本形より。とはいえ別にこれを見なくても、他の動画も十分楽しめます。
とりあえず、
あずささん=嫁
真=カカロット(悟空)の息子
律子=嫌い
だ、そうで。


いきなり前後関係が意味不明なのはご愛嬌。
”ブロロロロロロロロロ”には笑うしかない。


もはやただのエ●ゲ。
ブロリーもそうですが、ゲストの皆さんもいい味を出してますね。


目先の欲に走った愚か者め!


カカロットの息子かどうかはさておき、やっぱり男にしか見えないんだ俺。


律子嫌いに定評のあるブロリーP。
嫌っているのに、会話の自然度は全キャラ中ダントツだという不思議。


やりすぎるといくらブロリーでも痛い目を見るよ、ってことらしい。


珍しく真面目に仕事をするブロリーP。


サイヤ人語講座。


雪歩\カワイイ!/

・ヤンデレ系

ヤンデレVSペリー。ペリーネタ懐かしいなぁ。


ヤンデレVSしん●すけ。
BGMとしん●すけのキャラのせいで悲劇が喜劇になっている不思議。


ヤンデレVSぼっちゃま。
カブト好きとしてこの勝負を見逃すわけにはいかない。


最近「マクロスF」というアニメをDVDで借りて観たんですよ。
岡崎とかみwikiさん(の中の人)が出ると聞いて。
ダブルヒロイン制だったり、ロボットアニメでいきなりヒロインが歌いだしたり、
かなり本気を出したと思われるCGとかに、かーなーり面食らったのですが、
慣れてくると、これはこれでいいかなー、と思える不思議。
…まぁ、まだ一話しか見てないんですけどね。

そして、ことごとく動画とは関係のない説明。


スポンサーサイト
総もくじ  3kaku_s_L.png Journey through the Decade Re-mix
総もくじ  3kaku_s_L.png これから観に行く上で全く役に立たない映画レビュー
もくじ  3kaku_s_L.png 観た映画の感想
もくじ  3kaku_s_L.png 自作のアレな絵
もくじ  3kaku_s_L.png わかめ新聞雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【休みの間中暇なので絵を描いた2008】へ
  • 【休暇宣言】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【休みの間中暇なので絵を描いた2008】へ
  • 【休暇宣言】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。