スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←台所の王者とビビリの青年大戦争 第二ラウンド →休みの間中暇なので絵を描いた2008
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


総もくじ  3kaku_s_L.png Journey through the Decade Re-mix
総もくじ  3kaku_s_L.png これから観に行く上で全く役に立たない映画レビュー
もくじ  3kaku_s_L.png 観た映画の感想
もくじ  3kaku_s_L.png 自作のアレな絵
もくじ  3kaku_s_L.png わかめ新聞雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【台所の王者とビビリの青年大戦争 第二ラウンド】へ
  • 【休みの間中暇なので絵を描いた2008】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

未分類

台所の王者とビビリ青年大戦争 第三ラウンド

 ←台所の王者とビビリの青年大戦争 第二ラウンド →休みの間中暇なので絵を描いた2008
どうもこんばんは。とうとう第三ラウンドまで続いてしまいました。
例のごとく、それまでのシリーズを読んでいないと意味不明な内容となっておりますゆえ、
『そういうたぐいのお話』に耐性がある方、
または『ここの管理人の無様な姿を見て思いっきり笑ってやりたい』と思う方は、
下記のリンク先、もしくは下の記事を先に読んでからここをお読みくださいませ。

第一ラウンドを読む

第二ラウンドを読む

準備が出来た方は、こちらからどうぞ↓

―――別にオチが思いつかなくて逃げたとか、そういうのじゃないんです。
―――なんていうか、別にいいと思うんですよ。
―――だって、現実世界でオチがつく出来事なんてほとんどないじゃないですか。


僕が今でも尊敬するある方の言ったセリフの引用。そんなセリフを冒頭で書くわけですので、
今回は今までのような殺伐とした内容ではないです。むしろ穏やかです。ビビリです。


~これまでのあらすじ~

僕はゴキブリが嫌いだ。
ある日、祖母が親戚の用事で呼ばれることになり、家を数日開けることになった。
そうしたら、5年ぶりぐらいに台所の王者、Gと遭遇。
ビビリで、足が震え、嫌と言うほど冷や汗をかいたが、某ゴキ●ェットで撃退することに成功する。
撃退に気を良くし優越感に浸っていると、次の日さらに複数の王者が出現。
頼みの綱のゴキ●ェットも切れ、ビビリでヘタレな僕は台所の王者と一つ屋根の下で一夜を過ごすことに。
祖母や家族に電話で助けを求めるが、『それぐらい自分でなんとかしろよと』叱咤されたのだった。


…ちなみに三行で表すと、

イマジンカイザーは
ゴキブリが怖い
ビビリ


となります。わかりやすくていいですね。


…と、いうわけでその日の夜。遠くの部屋で電気をつけてさえいれば、
王者は台所から離れ、僕の部屋にやってくることはない。…頭の中ではそう理解していた。
しかし、体や精神の方はそうではなく、その日、僕はほとんど寝付くことができなかった。
理由は簡単だ。目をつぶると『王者が自分の体に這って来る感じがする』、
『這っている、っていうかいるわけないのに、王者が自分の体の上に乗っている気がする』など、
余計な想像、妄想、畏怖が頭の中を駆け巡ってしまうからだ。
 一応、当たりさえすれば一撃で王者を肉片に変える超兵器、
『新聞紙ブレード』を制作し、枕元に置いておいたのだが、目の前で王者が肉片になって飛び散るのは絵的にも精神的にもヤバイので、あっても使いたくない代物だったのだが。
新聞紙ブレード・参考動画

結局、(寝るのが怖くて)深夜2時に寝て、深夜4時で目が覚め、それからは適当に冷蔵庫の中の麦茶を飲み、30~1時間程度の軽い睡眠をとったりとらなかったりしていた。
正直な話、4時間程度しか眠れていない気がする。…本気で疲れた。

しかし、王者は基本的に夜行性の昆虫。朝を迎え明るくなれば、暗い場所でジッと潜伏する習性があるらしい。
となれば、朝を迎えてしまえばこっちの勝ちだ。朝10時を回れば、近くの薬局でゴキ●ェットやその他武器を買い揃えることが出来る。
朝さえ、朝さえ迎えれば、こんな恐怖に打ち震えることはないのだ。
そう考えていなければ、寝ることすらままならない自分がどうしようもなく情けなかった。

そして、待ちに待った朝だ。奴らの姿はどこにもない。
上記の知識は(恐怖ゆえ)若干まゆつば物だったのだが、本当の事のようで心底安心した。

とりあえず冷蔵庫から冷えた惣菜を取り出して温め、朝食をとる。
朝食のゴミに釣られて這い出てくるのではないかと心配したが、それもなかった。
…ここでようやく、自分はたかが王者ごときで神経を尖らせすぎなのではないか、と、ようやく自覚した。


朝食をとり、適当に時間を潰していたら10時になったので、
街に武器殺虫用品を買いに家を出る。奴等の気配はない。
このころになると、”いい加減意識するのはやめろ。疲れるし、何より男としての尊厳がヤバイ”と思うようになって、なるべく考えないようにしていたのですが、それでもやっぱり気にしてしまう辺り、
あぁ、僕はやっぱりビビリなんだなぁ、と認めたくはないが、認めるほかなかった。

近くの薬局に立ち寄り、スプレー缶二つとバ●サン(のようなもの)を三つ買って家路に着く。
●ウ酸団子も用意したかったのだが、祖母から『●ウ酸団子は無駄だからやめておけ』と念を押されたため、同居人の僕には何も言えなかった。

適当に昼食を取って家に帰り、早速買ってきたバ●サンを試してみる事にした。
(※ このとき、説明書に”電子機器にバ●サンの煙が当たると危険なので、何かで電子機器を覆ってください”と書いてあったことに気づき、
もう一度外に出て大きなビニール袋を買いに走り、汗だくになりました。くそ暑い。)
試してみる、と言っても、その仕様上バ●サンの効能を視認することはできず、
僕はただ、その辺に出ている食器を片付け、バ●サンの煙を全ての部屋に行き届かせるように物の片づけをするほかなかった。
…しっかしまぁ、食器の多いこと多いこと。バ●サンの煙が食器にあたるのはマズイらしく、食器棚にしまい込むことを余儀なくされたのだが、食器棚の中の食器が多すぎて、入れるのにかなり四苦八苦してしまったのだ。
それどころか、改めて掃除機で台所付近を掃除してみると、おそらく調理時のものであろう、食材の欠片らしきものがいたるところに散乱していたのだ。
特に、前回、二体の成態の王者が出てきたガスコンロ付近には、王者が食したのであろう、野菜か何かのゴミくずがいくつか。
『これは、掃除している、という内に入るのか?』と疑問に思う。
今度から台所の掃除も僕が担当した方が良いのかもしれないな、と今ここで心に決めた。
 なんとか食器をしまいこんだ後、僕は三箇所にバ●サンを設置し、家に鍵を閉めて外に出る。
王者への尊敬と畏怖、そして別れの意を込めて、『あばよ、王者』とつぶやきながら。
…まぁ、ヘタレのくせに、んなこと言って。気持ち悪いったらありゃしない。

 それから2時間半ほど後。バ●サンの散布時間も終わり、僕は再び家に戻ってくる。
正直、家に戻るのは気が引けた。そりゃそうである。
暑くて汗だくの中、玄関のドアを開けたら、眼前に広がるのは『大量の王者の死骸』だ。
少なくとも、気持ちのいい光景でないことは誰の目から見ても明らかであろう。
(特別な性癖の方、もしくは王者の愛好家の皆様を除いて)

しかし、どこを見ても、どこを探しても、王者の死骸どころか、その姿すら、影も形もなかったのだ。
王者の潜伏していると思しき戸棚や押入れの中は全て開け、
逆に逃げるための出口、窓や扉は全て閉じて、脱出口は全て塞いだはずである。
では奴らはどこに消えたのだろう。それは誰にも分からない。

…一匹でも死骸があれば信憑性があるのだが、逆に一匹もないとなると、
逆にバ●サンの性能を疑問視してしまう?これはまがい物だったのか?
それとも、昨日見た奴らは全部外部からのもので、(到底信じがたいが)内部には潜伏していなかったということなのだろうか。僕には分からない。

しかし、夜(この記事を書いている11時現在)になっても、奴らの気配は感じられない。
電気を消そうが点けようが、奴らはその姿を僕の眼前に現さないのだ。
…どうやら、”昨日までの輩は全て外部犯”という線で決まりらしい。
今日はもう、奴らの侵攻を怯えることなく、枕を高くして眠れることだろう。
こうして、三日間に渡った僕と台所の王者との戦いは、唐突に、そしてあっさりと幕を降ろしただった。

7/27 追記
よく見たら、リビングの方の窓のふちで一匹お亡くなりになられていました、王者。
多分、ゴキ●ェットで瀕死になり、物陰に隠れた奴なんでしょうね。
なんにせよ、バ●サンを焚いた意味、効能が分かって何よりでした。


…ね?オチなしな話でしょう。これが現実なんでしょうね。
さらに陰惨な、もしくは壮絶な何かがあると思っていた方、どうもすみません。
まぁ、実際に体験した僕としては、こうやって何もないことこそが、最高の幸せなわけなんですけどね。
ただ、まぁ…

―――あの台所の王者(たち)が最後の一匹だとは思えない…。
(王者は一匹見たら30匹いるというぐらいだから)、また、新たな王者がウチの台所に群がってくるのではないか…。
―――

…このようなオチで。戦いは多分、終わらない。


・追記
この記事を書いた後、何の気なしに体重を量ったら、
三日前よりも2kgもやせてました。
いやぁ、恐怖でやせるって本当にあるのね。おじさんびっくりだ。
スポンサーサイト
総もくじ  3kaku_s_L.png Journey through the Decade Re-mix
総もくじ  3kaku_s_L.png これから観に行く上で全く役に立たない映画レビュー
もくじ  3kaku_s_L.png 観た映画の感想
もくじ  3kaku_s_L.png 自作のアレな絵
もくじ  3kaku_s_L.png わかめ新聞雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【台所の王者とビビリの青年大戦争 第二ラウンド】へ
  • 【休みの間中暇なので絵を描いた2008】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【台所の王者とビビリの青年大戦争 第二ラウンド】へ
  • 【休みの間中暇なので絵を描いた2008】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。