スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←7月 24日 「何?」と言われても「いろいろ」としか答えられない →台所の王者とビビリの青年大戦争 第二ラウンド
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


総もくじ  3kaku_s_L.png Journey through the Decade Re-mix
総もくじ  3kaku_s_L.png これから観に行く上で全く役に立たない映画レビュー
もくじ  3kaku_s_L.png 観た映画の感想
もくじ  3kaku_s_L.png 自作のアレな絵
もくじ  3kaku_s_L.png わかめ新聞雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【7月 24日 「何?」と言われても「いろいろ」としか答えられない】へ
  • 【台所の王者とビビリの青年大戦争 第二ラウンド】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

わかめ新聞雑記

台所の王者とビビリの青年大戦争

 ←7月 24日 「何?」と言われても「いろいろ」としか答えられない →台所の王者とビビリの青年大戦争 第二ラウンド
はい、タイトルだけで”何か”感じた方、『台所の王者』に対して耐性のない方は回れ右して他の記事を読んでください。
今回はそういうたぐいのお話です。

逆にかーなーり耐性がある方は、この先を読んで、この弱虫を存分に罵倒してやってください。

では。↓

―――僕は台所の王者…、ゴキブリが嫌いだ。
嘘かと思われるかもしれないが、僕は15、6になるまで、本気でゴキブリというものに出会ったことがなかった。うちの家族が割りときれい好きで、G対策を入念にやっていた結果だったのだ。
その時の出会い方と言ったらなかった。高校時代、自室でテストの勉強をしていたとき、
ふと、机の隣にあった自分のベッドに目をやった。
すると、その縁辺りに奴がいた。…生まれて始めて生の奴を見た。そのときの驚きたるや、さほど暑い日でもないのに、何だかよく分からない水が、頭や背中からだらだらと流れ出たほどだった。
そのときは、うちの親父が掃除機を持ってやってきて、そいつを吸い込んで、ビニールテープでそれを封印してくれて事なきを得た。
そして、僕はそれ以来、Gと出会うことはなかったのだ。……その日が来るまでは。

―――それは、(この記事を書いている時から)2日前の事。
今現在、僕は親元を離れ、祖母の家にほぼ居候のような形で住まわせていただいている。
山を切り開いた場所に作った団地だ。虫の数は今まで住んでいた場所よりも格段に多い。

その日、祖母は、親戚からの要請で、三日ほど家を開けることになった。
その親類が祭りで店を出すので、その間、子ども達のお守りを頼まれてくれ、ということらしい。
僕は、その次の日にテストが控えていたので、その誘いを断り、家の留守を任された。
『やったね。これでおおっぴらにクーラーの効いた部屋で、だらだらと絵を描いていられるぜ』と、元のうちは大いに喜んだものだった。(※僕の部屋、パソコンの設置してある部屋には、『パソコンやテレビなど電気を喰うものばっかり置いてあるから、クーラーはなしな』と言われ、設置されていなかった。一応他にも理由はあったのだが。)

事件はその日の夜に起きた。僕は近所で行われていた祭りから家に戻ってきて、
冷蔵庫にあった惣菜を温めて、遅い夕食をとって、風呂を沸かして入った。
風呂に入って一服して、PCに向かって何かしようか、と思ったときである。
…台所の方で、がさ、がさ、と何かが動く音がする。嫌な予感が頭をよぎった。
僕は今一度台所に赴き、電気をつけて、台所の流しを見た。
 まだ洗っておらず、水には浸かっていたが、若干汚れの残る皿とコップ。
何か、野菜をビニールにつめたらしきものが入った三角コーナー。
…音の発信源はここのようだ。僕はとりあえずじゃーっと水を流してその場を洗い流す。

水が三角コーナー付近に差し掛かった時だった。
奴だ。奴が水を嫌ってもそもそと這い出したのだ。
丸く細長い体型、茶色く、油系のつやのある感じ、六本の足。…その姿は間違いなく台所の王者、そのものだった。
僕は『うえっ!?』と声をあげ、後ろにたじろいだ。
08 8/1 更新
g_convert.jpg
・大体こんな感じ。
本物の王者を書くと(っていうか見るだけで)おぞ気が走るので、
(触覚がそれっぽい)●河渚さんに代役を勤めていただきました。
…渚をあまりいじめないであげてください。

…最初に申したが、僕はゴキブリが嫌いだ。高校生ぐらいになるまで本物に出会ったことがなく、
耐性がないものあるが、単純に、生理的に、僕の心は奴を拒絶する。
奴がもそもそと動くのを見ただけで、心臓がぎゅううっと締め付けられ、足ががくがくと震える。
僕は急いで玄関に舞い戻り、そこに置いてあった『ゴ●ジェット』を手に取った。
それは、僕なんかよりもずっと長く台所の王者と接してきた祖母が、『もし出てきたら、それで撃退しといて』、と僕に残していったものだった。
今まで出てきた(らしい)Gは全て祖母が始末してくれた。
(※実はこの前に一回、自分の部屋にGが出て、それを祖母がスプレーで始末してくれたということがありました。
祖母は平然とGを始末していましたが、僕はGにビビリっぱなしで、祖母に思いっきり笑われていました。)
しかし、その祖母は今いない。(ちと大げさだが)Gからこの家を守るのは僕しかいないのだ。
戦うしかないんだ、現実と!

僕は震える手で三角コーナー付近にいる王者にスプレーを噴射した。
その勢いにたじろいだか、王者は三角コーナーから逃げ、玄関へと続く廊下に逃げる。
その動きにはまったく歪みがなく、むしろ先ほどまでよりもさらにアクティブに動いたように思える。
(いきなり電気を点けたから、という可能性もあるが)
…え!?何コレ!?死なねぇじゃん!?クソッ、まがい物かッ!?
情緒不安で、王者が死ななかったという事実に直面し、僕はスプレーを激しく嫌悪するが、
物言わぬスプレーに文句を言ってもしょうがない。
僕はスプレーを右手に構え、王者が逃げ込んだとおぼしき戸棚を開けた。
…暗くて何も見えない。僕は近くにあった懐中電灯で戸棚の中を(1mほど離れて)照らした。
色々な場所を照らし、右上のあたりに奴はいた。僕は(1mほど離れた場所から)スプレーを思いっきり噴射する。
しかし、奴はまだまだ余裕とでも言うかのように、僕の視界の外(っていうか戸棚のさらに内部)に逃げ込んだ。

…ここで始めて、僕は『このスプレーには有効射程距離があるのか』と唐突に理解した。
(”何を今更とか言わないでください。かかりさえすれば倒せると思ったんです、あの時は)
奴は戸棚の中奥深くに逃げ込んだ。僕は怖くてそれ以上後を追えない。…どうしようもないビビリの自分を呪った。
仕方がないので、電気を消して、奴が戸棚から出てくるのを、(PC上で絵の色塗り作業をしながら)待った。

それから20分後。油断したのか、人の気配がなくなったからか、王者は戸棚のスキマから廊下へとかさかさと移動を始めた。僕はしめた、と思い、PCの近くに置いておいたゴ●ジェットを手に取り、
心の中で『くたばりやがれぇええええええ』と思いながら、思いっきりそれを噴射してやった。

今までと違い、至近距離であったことが決定打だったようだった。
奴は今まで以上にばたばたと激しく蠢きながらも、最後は裏返ってその腹を僕の眼前に晒し、
足をぴくぴくとさせてもがいたあと、2分ほど後にその命尽きたのか、その場で完全に沈黙した。
 肩の力ががくっと抜けた。同時に『僕は勝ったんだ!台所の王者に!』と大きな高揚感が体の中を駆け巡った。ビビリの僕でも台所の王者に勝てたんだ、ということがものすごく嬉しかった。

しかし、死んだとはいえ台所の王者、その死骸を処理するのはいささか気が引けた。やっぱり怖い。
散々悩んで、迷って、結局掃除機でその死骸を吸い取ることに決めた。
 台所の王者とて、我々と同じ生き物であることに相違ない。
僕は掃除機でその死骸を吸う瞬間、おもむろに手を合わせ、目をつぶった。

……その後、僕は布団を被って眠ることにした。
しかし、未だに奴の仲間がいるかと思うと、まだどこかでかさかさ動いていると思うと、どうしても寝付けない。
結局その日の暑さ、湿度の高さから、その日は4時間半ほどしか眠れなかった。


―――あの台所の王者が最後の一匹だとは思えない…。
(Gは一匹見たら30匹いるというぐらいだから)、また、新たな王者がウチの台所に群がってくるのではないか…。
―――

第一作『ゴジラ』のラスト、山根博士が死にゆくゴジラを見てつぶやいたセリフの改変である。
一匹出た時点で既に内心穏やかでなかった僕だが、
そんな何気ないセリフ(ってか僕の妄言)が、まさか現実のものになるとは、このときの僕には知る由もなかった。


…つーわけで、僕VS台所の王者、第二ラウンドに続きます。
長文でどうもすみませんでした。

・7/26・深夜 追記

第二ラウンド、うpしました。
スポンサーサイト
総もくじ  3kaku_s_L.png Journey through the Decade Re-mix
総もくじ  3kaku_s_L.png これから観に行く上で全く役に立たない映画レビュー
もくじ  3kaku_s_L.png 観た映画の感想
もくじ  3kaku_s_L.png 自作のアレな絵
もくじ  3kaku_s_L.png わかめ新聞雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【7月 24日 「何?」と言われても「いろいろ」としか答えられない】へ
  • 【台所の王者とビビリの青年大戦争 第二ラウンド】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【7月 24日 「何?」と言われても「いろいろ」としか答えられない】へ
  • 【台所の王者とビビリの青年大戦争 第二ラウンド】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。